岡野武志

第二東京弁護士会所属。刑事事件で逮捕されてしまっても前科をつけずに解決できる方法があります。

「刑事事件 法律Know」では、逮捕や前科を回避する方法、逮捕後すぐに釈放されるためにできることを詳しく解説しています。

被害者との示談で刑事処分を軽くしたい、前科をつけずに事件を解決したいという相談は、アトム法律事務所にお電話ください。

アトムは夜間土日も受け付けの相談窓口で刑事事件のお悩みにスピーディーに対応いたします。

強盗罪の懲役は5~20年|実際の判決の相場は?初犯や未遂は執行猶予?

  • 「強盗罪で逮捕されたら懲役何年?」
  • 「コンビニで万引きしたとき、店員さんに怪我をさせてしまい強盗容疑で逮捕されてしまった」

このような強盗事件でお悩みの方もおられるでしょう。

  • 強盗罪の法定刑(懲役の年数)は何年?
  • 強盗罪の実際の判決(懲役の相場)は何年?
  • 初犯なら執行猶予はつく?

この記事では、このような「強盗罪」の懲役の相場にまつわる疑問におこたえしていきます。

ちなみに・・・

  • 強盗罪の犯罪類型・証拠
  • 逮捕されるまでの期間・時効
  • 逮捕後の流れ
  • 逮捕率・不起訴率

については、こちらの記事をどうぞ。⇊

さて、強盗の刑罰について、解説をはじめていきましょう。

強盗罪の刑法上の懲役|5年~20年

強盗罪の懲役は、5年以上の有期懲役に処すると定められています(刑法236条)。

有期懲役とは1ヶ月以上20年以下と定められているので、つまり強盗罪の懲役は5年以上20年以下となります

ですがこれは法律上の規定としての懲役であり、実際の相場はまた異なります。

強盗事件9種類|それぞれの強盗の刑期は?

強盗と一口に言っても、刑法上は9種類の類型があります。

強盗事件の懲役は類型によって異なるため、ご自身のお悩みがどれに当てはまるのか見極めるのが重要です。

コンビニ強盗や銀行強盗のような典型的な強盗罪もあれば、万引きなど窃盗犯人が財物の取り返しを防ぐために暴行・脅迫をおこない強盗とされるケースもあります。

これらの強盗罪の類型、刑罰(法定刑)は、刑法に規定されています。

強盗は刑事事件のなかでも、重大な犯罪です。

そのため、刑罰は、比較的長期の有期懲役が中心です。

強盗事件の類型別に、懲役刑の年数は異なります。

強盗罪の懲役の年数(法定刑)は、次のとおりです。

主な強盗罪
強盗の類型懲役の年数
強盗罪
(暴行・脅迫により財物を強取)
5年~20年
強盗利得罪
(暴行・脅迫によりサービスなどを得る)
5年~20年
事後強盗罪
(窃盗犯が逮捕を免れるためなどに暴行・脅迫)
5年~20年
昏睡強盗罪
(意識障害を生じさせ財物を盗取)
5年~20年
強盗致傷罪・強盗傷人罪
(強盗の際に人を負傷させる)
6年~20年
または無期懲役*
強盗・強制性交等罪
(強盗の際に強姦をする)
7年~20年
または無期懲役*
*実質的な終身刑
10年以上服役することで仮釈放が可能となるが、実例は極めて少ない
強盗をしていない場合・し損なった場合
強盗の類型懲役の年数
強盗未遂罪
(暴行・脅迫をしたが対象の強取に至らなかった場合)
既遂罪と同様
場合により減刑、免除
強盗予備罪
(強盗の実行を準備する)
1ヶ月~2年
死刑がありえる強盗罪
強盗の類型懲役の年数
強盗致死罪
(強盗の際に人を死亡させる)
無期懲役
死刑
強盗・強制性交等致死罪
(強盗・強姦を行い人を死亡させる)
無期懲役
死刑

各種犯罪類型の詳しい点については、こちらをご覧ください。

強盗罪の実際の懲役相場は何年?

主な強盗罪の法定の懲役刑は5年から20年ですが、現実には強盗罪のみで10年以上の懲役刑となることはまれです。

また、執行猶予がつくことで、刑務所にいかずに済むこともあります。

実際の事例を見て、懲役の相場を確認してみましょう。

強盗未遂罪の懲役の相場は何年?

刑事事件が未遂の場合、未遂処罰の減刑規定が適用されます。

そのため、あらかじめ刑法に規定されている刑罰の年数よりも、短い懲役刑が言い渡されます。

弁護士会が集計した「量刑調査報告集」を参考にすると、強盗未遂で初犯の場合

懲役3年・執行猶予つき判決

が出されています。

強盗未遂罪・初犯①

被害者(26歳)に対して、ナイフ(刃体約7cm)で脅して金品を要求

判決の刑罰:懲役3年(執行猶予5年・保護観察付)

※第一東京弁護士会・刑事弁護委員会『量刑調査報告集Ⅳ』より

強盗未遂罪・初犯②

被害者(60歳)に対して、包丁で脅して金品を要求

判決の刑罰:懲役3年(実刑)

※第一東京弁護士会・刑事弁護委員会『量刑調査報告集Ⅳ』より

強盗罪の初犯の場合の懲役は?

強盗を犯した場合であっても、前科の無い初犯である場合、比較的軽い刑罰が科される傾向があります。

同様の行為を繰り返していないことから、更生・反省の余地があると考えられるためです。

強盗罪・初犯

パチンコ店店員をナイフで脅すなどして現金等を強取

判決の刑罰:懲役5年6ヶ月(実刑)

※第一東京弁護士会・刑事弁護委員会『量刑調査報告集Ⅳ』より

強盗罪の前科あり・再犯の懲役は?

対比するために、同様の強盗で前科1犯(執行猶予中の犯行)のケースも見てみましょう。

初犯の場合と比べ、刑罰が重くなっていることがわかります。

前科の数のみで刑罰が決まるわけではなく、前科の内容、出所後からの年数なども考慮されます。

強盗罪・前科1犯

携帯電話販売店の従業員を包丁で脅し現金等を強取

判決の刑罰:懲役7年(実刑)

※第一東京弁護士会・刑事弁護委員会『量刑調査報告集Ⅳ』より

強盗致傷罪の懲役は?

強盗致傷罪は、強盗罪よりも重い刑罰が科される可能性が高くなります。

強盗致傷罪・前科6犯

コンビニ店でたばこを万引きし、追いかけてきた店員に暴行を加える

判決の刑罰:懲役6年(実刑)

※第一東京弁護士会・刑事弁護委員会『量刑調査報告集Ⅳ』より

強盗致傷罪・前科1犯

地下道で女性の口を塞いで脅迫し、現金等を強取してから暴行を加える

判決の刑罰:懲役7年(実刑)

※第一東京弁護士会・刑事弁護委員会『量刑調査報告集Ⅳ』より

強盗罪などで被害者と示談・謝罪した場合の懲役は?

強盗の被害者に対し謝罪・賠償している場合には刑罰が軽くなる傾向があります。

強盗よりも刑罰の重い強盗致傷罪の場合であっても、執行猶予などがつく場合があります。

強盗罪・前科5犯

郵便局で客にエアガンをつきつけ、現金を強取

被害者に謝罪の手紙を送付

判決の刑罰:懲役7年(実刑)

※第一東京弁護士会・刑事弁護委員会『量刑調査報告集Ⅳ』より

強盗致傷罪・初犯

被害者を錐で突き刺す、頭部を瓶で殴るなどしたうえで現金を奪った

被害者と宥恕あり示談成立

判決の刑罰:懲役3年執行猶予5年
*共犯者あり、職場の上司が再雇用に協力的などの事情あり

※第一東京弁護士会・刑事弁護委員会『量刑調査報告集Ⅳ』より

まとめ

今までの内容を整理すると、次のとおりです。

Point

「既遂か、未遂か」は、刑罰に影響する
「初犯か、前科アリか」は、刑罰に影響する
「被害者に謝罪をしたかどうか」は、刑罰に影響する

既遂であっても未遂であっても、初犯であっても前科アリでも、被害者との示談交渉や、適切な刑事弁護を受ける重要性は変わりません。

アトム法律事務所では、強盗罪をはじめ刑事事件でお悩みの方に弁護士相談窓口を設置しています。

さいごに、弁護士相談窓口へのお問い合わせ方法をご紹介します。

イメージ画像

強盗罪の懲役・逮捕のお悩みは弁護士に無料相談

東京・埼玉大宮・大阪・福岡etc相談受付(24時間365日)実施中

  • 窃盗のつもりが強盗で逮捕されてしまった
  • 強盗事件を弁護士に相談したい
  • 今後の見通しを弁護士に相談したい

このようなお悩みをお持ちの方へ。

アトム法律事務所では、刑事事件の弁護士相談窓口を設置しています。

お問い合わせ・相談ご予約の受付時間は・・・

  • 24時間365
  • 深夜・早朝・土日・祝日

問いません。

お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内

警察に逮捕・検察から呼び出しでお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります。無料相談予約は今すぐ!

無料相談予約はこちら 0120-419-911 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら

無料相談のご案内

警察に逮捕・検察から呼び出しでお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります 相談依頼は今すぐ!

無料相談予約はこちら 0120-419-911 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら

LINE相談は完全無料、ご来所不要で弁護士とやりとりできます。

緊急事態だけれど、事務所まで行く時間的余裕がない

このような方でも安心してご相談いただけます。

イメージ画像

まとめ

突然の逮捕に、今後の流れ刑罰の重さについて不安ですよね。

そんなときには、頼れる弁護士に早期に相談して、事件解決の糸口を探りたいですね。

コンビニ強盗、銀行強盗、タクシー強盗など典型的な強盗事件のほか、窃盗の機会に他人に怪我を負わせてしまい強盗で逮捕されてしまうという方も少なからずいます。

このような事案で、ご相談いただくケースもよくあります。

事案によっては、ケガの程度がそれほど重くない強盗事件もあります。

そのような事案の場合、示談成立により不起訴になる可能性も高まります。

お悩みの方はぜひ一度アトム法律事務所の弁護士にご相談ください。

弁護士の無料相談については、こちらです。