当事者や家族の悩みに弁護士が回答
今すぐ使える「刑事事件」Q&Aサービス 

注目の回答

弁護士 岡野 武志(第二東京弁護士会所属)

逮捕されない場合でも、在宅事件で捜査や取り調べが行われる可能性はあります。その場合は 会社や学校に通いながら、捜査機関の呼び出しに...続きを読む

弁護士 浦田 忠興(大阪弁護士会所属)

捜査のための身柄拘束は、刑事訴訟法によって厳密に期間が定められています。逮捕後72時間以内に検察官が裁判官に対して勾留請求をし、...続きを読む

弁護士 野根 義治(第二東京弁護士会所属)

弁護士は検察に対して勾留請求をしないよう意見書を出したり、裁判所に勾留請求を却下するよう積極的に主張することができます。...続きを読む

新着QA

ジャンルで選択

逮捕 -arrest-

示談 -settlement_out_of_court-

警察検察 -police_prosecution-

刑罰 -punishment-

生活 -life-

面会 -visitation-

弁護士 -lawyer-

示談書の雛形

謝罪文サンプル

事件別 解決事例を見る