交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

痴漢・わいせつで逮捕されたケース

子供や両親に心配をかけず、仕事も続けられ、社会生活を営める幸せをかみしめています

事件の概要

会社員であるご依頼者様が、過去に女子高生の胸を触ってしまい、その際にご依頼者様自身で女子高生の両親と示談していた。
しかし、数年を経て被害者側から被害届が提出され、逮捕されてしまったという事例。

弁護士相談後

ご依頼者様が逮捕され、奥様が即座に当事務所に電話され、翌日の朝一番で来所されました。
奥様は、既に当事者同士で決着したと思っていたところへの突然の逮捕に加え、留置場内のご依頼者様とも全く接触がとれず、強い不安と恐怖を感じておられました。
ご依頼者様との接見からほとんどをお任せいただき、10日間はかかると言われていた勾留期間は2日間に短縮され、早期釈放を実現しました。
被害者のご両親と弁護人を通じてお話させていただき、事件をお許しいただけて示談が成立したことを、検察官に粘り強く主張し、事件は不起訴で終了しました。

弁護士からのコメント

当事者同士で示談すること自体は可能ですが、今回のように、当事者同士の示談が不十分な内容で成立している場合には、後から被害届けが提出されることもあり得ます。
一度は解決したと思った事件が、また問題になってしまった時のショックは計り知れないでしょう。

弁護士であれば、不備のない示談を取り交わして再び問題となることのないよう備え、捜査機関に対し、ご依頼者様に有利な証拠として主張することもできますので、まずは相談だけでもされてみてはいかがでしょうか。

性犯罪事件の解決事例

刑事事件なら、アトムの弁護士を。

年中無休、24時間営業でスピード対応
今すぐ電話がつながります

※ 新型コロナ感染予防の取組