交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

盗撮で逮捕されたケース

不起訴で前科もつかずに済み、前向きに進んでいけることを強く感謝しています

事件の概要

会社員であるご依頼者様が、エスカレーターで、前の女性のスカート内を盗撮し、逮捕された事例。

弁護士相談後

逮捕後釈放されたご本人が来所され、法律相談後に受任になりました。
押収されたパソコンから盗撮の余罪も発覚しており、犯行が世間に広まってしまうのではないかと、ご依頼者様は悩んでおられました。
弁護人を通じて被害者の方に謝罪と賠償を尽くした結果、無事に示談が成立し、被害者の方から宥恕(事件を許す)の意向を示して頂き、事件は不起訴で終了しました。

弁護士からのコメント

盗撮事件を起こしてしまった場合に、前科をつけないで終わらせるためには、まず被害者の方に謝罪と賠償を尽くして示談を結んでもらい、宥恕(許し)の意思を示して頂くことが大きな意味を持ちます。

本件でも、弁護人を通じて被害者の方と示談を締結し、捜査機関に対して迅速に対応したことが、ご依頼者様の前科阻止につながりました。

不起訴処分獲得の後、ご依頼者様からは「この機会を無駄にせぬよう、前向きに、そしてしっかり親孝行をしていきながら生きていきたい」との直筆のお手紙を頂きましたが、その言葉通り、ご依頼者様は親元に戻って人生を再スタートされています。

性犯罪事件の解決事例

刑事事件なら、アトムの弁護士を。

年中無休、24時間営業でスピード対応
今すぐ電話がつながります

※ 新型コロナ感染予防の取組