7人の弁護士がこの記事に回答しています

殺人事件について弁護士に無料相談|殺人を弁護する弁護士の気持ちとは?

イメージ画像

殺人事件について弁護士に相談できる窓口が知りたい!

殺人事件の弁護士ってどんな気持ちで弁護しているの?

ご覧のページでは、殺人事件の弁護士について徹底解説していきます。

1

殺人事件について弁護士に相談したいなら

アトム法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。

殺人事件についてもとり扱っており、相談や弁護の依頼を受け付けています。

Q1

24時間対応の電話相談受付窓口とは?

アトム法律事務所では、相談の予約を受け付ける電話窓口を24時間365日運営しています。

スマートフォンで記事をご覧の方は、画面下方の『弁護士に無料相談』タブから

PCから記事をご覧の方は画面右上に記載されている電話番号から

それぞれコールすることができます。

来所後の相談費用が無料になる場合も

アトム法律事務所では、

逮捕、勾留中の事件

警察から取り調べを受けた事件

警察から呼び出しを受けた事件

については、初回30分の相談料が無料となります。

もちろん無料相談を利用したからと言って、アトム法律事務所への依頼を強制したりはしません。

セカンドオピニオンとしての利用も歓迎しています。

Q2

弁護士が対応する無料のLINE相談ってなに?

アトム法律事務所は、「LINE無料相談サービス」も運営しています。

混雑の具合などによりすぐ返答ができない場合もありますが、基本的には24時間365日、いつでも相談を受け付けています。

匿名による相談も可能で、気軽に法的なアドバイスを受けることができます。

無料とは言っても、質問、相談にはきちんと弁護士がお答えしています。

スマートフォンでご覧の方は、画面下方の『LINE無料相談』タブから

PCから記事をご覧の方は記事最下部にある『LINEで無料相談』のバナーから

気軽にアクセスしてみてください。

Q3

弁護士費用が知りたい!

アトム法律事務所の弁護士費用は以下のページに記載されています。

金額の詳細を包み隠さず公開しています。

事件態様に合わせ、かかる費用の相場を知ることができるはずです。

2

殺人事件の弁護士を務めるその気持ち

なぜ悪人の弁護をするのか

刑事に携わった弁護士ならば誰しもが一度はされる質問です。

今まさに殺人の事案でお悩みの方の中にも、いまいち、弁護士の気持ちや考えに信用が置けないという方はいらっしゃるのではないでしょうか?

刑事弁護士の気持ち、とりわけ殺人などの重大犯罪における弁護士の心持ちについて解説しましょう。

Q1

なぜ悪人に弁護士が必要なの?

まずは

なぜ凶悪事件の被疑者、被告人にまで弁護士が必要なのか

という部分について触れておきたいと思います。

結論から言ってしまうと、

より正確に、より多角的に、より社会的正義に適うように、人を裁く必要があるから

です。

弁護人の存在は、その事件や被疑者、被告人をより正しく把握するためには必要不可欠な存在なのです。

弁護士が被疑者、被告人を弁護する意義

検察官と弁護士は、「事件の真実を明らかにする」という目的においては協業関係にあります。

検察官は被疑者、被告人の悪いところ、糾弾すべきところを専門に調べ上げて証拠を提示

弁護人は被疑者、被告人の良いところ、弁明すべきところを専門に調べ上げて証拠を提示

裁判官はより多角的に事件を把握できる

人間というのは本人にそのつもりはなくても、なにか調査、判断をくだすとき偏った見方をしてしまいがちです。

そこで日本の司法は「糾弾する側」「弁明する側」「審判する側」で立場をわけ、役割分担することでこの偏った見方を無くそうとしているわけなのです。

弁明の余地がない人の場合は?

どう転んでも悪いことをしたという事実自体は明白な人」というのもいます。

ただどんな被疑者、被告人であっても弁明する余地がないということはありません

弁護士は、具体的には以下の要素などについて検討し、弁明の余地を見つけます。

一例

犯行前から犯行後にかけての背景や情況

犯罪の結果の軽重

被疑者、被告人の生育環境

被疑者、被告人の病気の有無

など

そしてこれら要素から、たとえわずかでも被疑者、被告人に有利な事情があるのなら、それを提示するのが弁護士の役割なのです。

裁判官は、被疑者・被告人に有利な事情を把握することにより、初めて多角的に事件を把握することができるようになります

まとめ
刑事手続きにおける弁護士の役割
役割被疑者、被告人の弁明すべきところを専門に調べ上げて提示する
その目的公平で適正な審理を実現するため
Q2

殺人事件の弁護をする弁護士の気持ちは?

日本の刑事司法における弁護士の役割について確認していただいたところで、では弁護士当人の気持ちとしてはどうなのか

考えられる限り挙げてみましょう。

司法の場において適正手続を守りたい

まず、

刑事事件において適正手続を守りたい

という思いから、私情を抜きにして刑事事件の弁護を行うという考え方があります。

弁護士としての役割を誠実に果たすことで、

冤罪を防止する

量刑の均衡を計る

つまりは、

より適正で正義に適う審理にする!

という思いをもって被疑者、被告人の弁護を行うというわけです。

攻撃に晒される被疑者、被告人の味方をしたい

一般的に被疑者や被告人は警察、検察、マスコミ、世間などから攻撃を受けることになります。

とくにそれが重大犯罪の場合は、なおさらのことです。

どれだけ悪いことをした人間であっても、その人に寄り添う人がひとりもいない社会は野蛮で不健全である

という思いから、刑事弁護を行うという人もいます。

一般に凶悪事件の被告人の境遇は悲惨な場合が多く、またそういった情状を裁判の場に提示できるのは唯一、弁護士だけなのです。

刑事弁護という仕事が楽しい

刑事弁護Beginners ver2』という本の中には、足利事件、東電OL事件などの事件を担当した神山啓史弁護士のインタビューが掲載されています。

(略)

僕は、高校生の時にペリー・メイスンに憧れて、刑事弁護士になろうと思ったんです。力が弱くていじめられっ子だった僕でも、これなら勝負できると思った。

(略)

その憧れの強さは、今も衰えていません。孤立無援の被告人を背中に背負って、何もない荒野を巨大な権力の壁に向かって戦いを挑むというのは、ロマンです。

やはり自分は法定で輝いていたいと思います。

(略)

引用元:『刑事弁護Beginners ver2』第1版7p

公権力に対して闘争を挑む、という部分について面白みややりがいを覚えている、という弁護士もいます。

まとめ

弁護士が重大犯罪であっても被疑者、被告人の弁護活動を行う理由は、おおむね上記に挙げた通りかと思います。

また、これら理由の複合した思いで、刑事弁護にあたっているという弁護士もいることでしょう。

「ビジネスの一手段としてやっている」というのは少数派

お金儲けの手段として割り切って悪人の弁護をしている

そのような心持ちで刑事弁護をしている弁護士は、実は少数派でしょう。

刑事事件の弁護士報酬は、金額だけ見れば高額に感じられるケースもあるかと思います。

ただ、刑事事件は時間との勝負といった側面があり、休日返上、残業覚悟で対応しなければならないことが多いです。

また、刑事事件はひとつの事件に膨大な時間を費やす必要があることが多く、単純に時給換算すると非常に低額になることも多いです。

3

殺人事件の弁護士の弁護活動について知りたい方はコチラ

ここまで弁護士相談の窓口や殺人事件をはじめとした刑事事件の弁護をする弁護士の気持ちについて解説してきました。

「では具体的に、殺人事件ではどのような弁護活動が行われるの?」

そのような疑問をお持ちの方はコチラの記事をご覧ください。

4

刑事事件のお悩みを弁護士に無料相談

イメージ画像
Q1

スピーディーに弁護士に無料相談したいなら

殺人事件について捜査されてる!弁護士に相談したい!

刑事事件の加害者として捜査、訴追されている方は、なるべく早く弁護士に頼ることが重要です。

早ければ早いほど

量刑や犯罪事実に関わる証拠の集積

無罪判決、不起訴処分の獲得

について可能性が高まります。

刑事事件は時間との勝負です。

なにか少しでもお悩みのことがあるのなら、早急に弁護士事務所に相談するべきと言えるでしょう。

24時間、365日無料ですぐに法律相談ができるLINE相談窓口

24時間、365日無料ですぐに相談の予約ができる電話窓口

などを活用し、ご自身のお悩みを払拭してください。