岡野武志

第二東京弁護士会所属。刑事事件で逮捕されてしまっても前科をつけずに解決できる方法があります。

「刑事事件 法律Know」では、逮捕や前科を回避する方法、逮捕後すぐに釈放されるためにできることを詳しく解説しています。

被害者との示談で刑事処分を軽くしたい、前科をつけずに事件を解決したいという相談は、アトム法律事務所にお電話ください。

アトムは夜間土日も受け付けの相談窓口で刑事事件のお悩みにスピーディーに対応いたします。

強姦における逮捕の要件とはなに?

  • 「強姦とは?」
  • 「強姦の逮捕の流れって?」

こういったお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?刑事弁護士が「強姦」と「逮捕の流れ」の基礎知識を伝授します。「逮捕回避の方法」や「示談の流れ」といった刑事事件において相談の多い点もお教えしましょう。

この記事で解説している法律

法律
刑法177条
条文
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。
刑罰
5年以上の有期懲役

強姦で逮捕されるまでの流れ

逮捕の要件

強姦における逮捕の要件とはなに?

強姦においては、その犯罪を犯したと十分に疑われる状況で
逃亡するおそれ
証拠隠滅のおそれ
のうち一方でも認められたとき、逮捕が行われます。

「逮捕」というのは」すべての事件について行われるわけではありません。
逮捕は逮捕の必要性がある事件についてのみ行われるのです。

また、「逮捕される=有罪となる」というわけでもありません。
あくまで逮捕とは「逃亡、証拠隠滅されたら困るので一時的に身体を拘束しておく」というような手続きに過ぎないのです。


現行犯逮捕と後日逮捕の違い

強姦の逮捕の種類とはなに?

強姦においての逮捕の種類は一般的に
現行犯逮捕
後日逮捕
に分けられます。

現行犯逮捕というのは
・今まさに犯行中、もしくは犯行を終えた直後の「現行犯人」
を捕まえる際の逮捕の方法です。
逮捕状なしで警察官以外の人でも逮捕できます。

後日逮捕とは
・犯行から時間が経った事件の犯人
を捕まえるときの逮捕の方式です。
逮捕状が発付された上で警察官が逮捕をします。


逮捕状の請求・発布のながれ

強姦に関して逮捕にいたるまでの流れとは?

まずひとつには、犯行最中または犯行直後に一般人や警察官の手により「現行犯逮捕」されてしまうケースがあります。
あるいは通報や被害届、告訴などのきっかけにより警察が事件を認知し、「後日逮捕」が行われるケースもあります。

現行犯逮捕というのは一般人であっても行うことができます。
事件を目撃した人などが現行犯逮捕を行い、そのまま警察官に引き渡されてしまうケースはよくあります。

犯行から時間が経った事件については、警察が事件を認知した後、被疑者を特定し、くわえて逮捕の要件に適うなら後日逮捕が行われます。
後日逮捕は
・警察官が裁判官に対して逮捕状を請求
・審査の後、裁判官が逮捕状を発付する
・そうして警察官が被疑者のもとに訪れ、逮捕状をきちんと示して逮捕します。


強姦においての逮捕された後の手続き

強姦というのはそもそも何?

強姦の罪は強制性交等罪(刑法177条)に規定されています。

強制性交等罪は
・13歳以上の者に対し「暴行または脅迫」を用いて性交、肛門性交、口腔性交をする
・13歳未満の者に対し性交、肛門性交、口腔性交をする
と成立します。

強制性交等罪における「暴行または脅迫」とは、判例上「抵抗が著しく困難になるような行為」を意味します。
「殴る、蹴る」「大声で恫喝する」などの行為がなくても、強制性交等罪が成立する余地はあります。


逮捕の流れ2

強姦の逮捕後の手続きとは?

強姦における逮捕された後の刑事手続きの流れはこのイラストのようになっています。

送致というのは検察官に事件を引き継ぐという手続きです。
送致されることによって警察のみならず検察官も事件を把握することになります。

勾留というのは逮捕に引き続き身体拘束を継続するという手続きです。
勾留は起訴・不起訴の判断がくだされるまで最長20日にわたって行われます。


刑事事件の流れ(逮捕されなかった場合)

強姦で逮捕にいたらなかった場合は?

・逮捕の要件は満たさなかった
・逮捕の後、勾留されることなくそのまま釈放された
などといった場合には「在宅事件」として刑事手続きが進むことになります。

在宅事件の場合であっても起訴されてしまう可能性は否定できません。
事件について必要な捜査が終了した後、起訴するのが相当であるなどと判断されれば起訴され裁判開廷となります。

在宅事件については
・送致されるタイミング
・起訴するか不起訴とするかの判断がくだされるタイミング
などが一切不明となってしまいます。
比較的軽微な犯罪は後回しにされがちだとも言われています。


強姦はとにかく弁護士に相談を!

示談がポイント1

強姦において不起訴を獲得するための方法とは?

強姦を実際に犯した場合において不起訴の獲得を目指す場合には、事件の被害者と示談を締結すると良いでしょう。

すでに犯罪を犯してしまっている場合、「起訴猶予」による不起訴処分の獲得を目指すことになるでしょう。

起訴猶予処分になるには被害者との示談が有効です。
「犯罪後の情況」という点につき被害者と示談締結したという事実は被疑者にとって非常に有利な証拠となります。


起訴・不起訴

強姦は刑事弁護士に相談すべき?

強姦の事案については弁護士に相談をするべきと言えるでしょう。法律の助言を受けることで事態の好転が期待できます。

弁護士は刑事事件に関して色々な知識・経験を持っています。
事件の見通しやこの先すべきことなどについて正確な知識を伝えることができます。

被害者の方と示談を締結したい場合には一層、刑事事件に強い弁護士に依頼すべきだと言えるでしょう。
被害者の多くは加害者との接触を拒否します。
弁護士が加害者の代わりに示談交渉することで円満な示談締結を見込むことができるのです。


示談の流れ

強姦の示談締結の仕方が知りたい!

強姦における示談の締結の流れはこのイラストのようになっています。

弁護士はまず最初に捜査機関に対し問い合わせをして被害者の連絡先を教えてもらいます。

その後、示談の交渉を行い、加害者・被害者、両方の希望などについてすり合わせ、双方納得できる条件で示談を締結します。

刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。