5人の弁護士がこの記事に回答しています

窃盗罪の逮捕は弁護士に相談!|窃盗罪の弁護士費用・弁護士事務所の無料相談窓口紹介

イメージ画像

ご自身やご家族が窃盗の加害者になった場合、弁護士相談することをお勧めします。

今回は、

窃盗事件を弁護士に無料相談できる窓口

窃盗事件の弁護士費用

窃盗事件を弁護士に依頼するメリット

など、「窃盗罪の弁護士相談」をテーマに弁護士の解説を交えて追っていきます。

1

【弁護士無料相談】窃盗罪の逮捕でお困りの方はこちら

イメージ画像
Q1

窃盗罪を法律事務所で無料相談できる?

ご家族が窃盗事件の加害者になってしまったら…

この先、事件がどうなっていくのか心配ですよね。

窃盗罪は、事件が進行し、有罪になってしまうと以下の刑罰を受ける可能性があります。

他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

引用元:刑法235条

刑事裁判で「懲役実刑」が言い渡された場合、刑務所に収容されます。

刑務所に収容されてしまうと、会社へ出勤したり、学校へ通ったりできなくなります。

何も対処をしなければ日常生活が失われてしまうかもしれません。

突然逮捕に頭が真っ白になるかもしれませんが、家族が窃盗事件の加害者になった場合は、

すぐに弁護士に窃盗事件を相談する

ことが大切です。

弁護士事務所では「無料相談」を行っている事務所も多々あります。

アトム法律事務所でも「LINE」「Facebook」「対面相談」などで無料相談をすることができます。

法律の専門家である弁護士に相談すれば非常に心強いですね。

弁護士にご相談いただければ、

いま、逮捕された家族のために何ができるか

今後、逮捕された家族はどうなってしまうのか

などのアドバイスを受けていただくことができます。

窃盗事件で逮捕されたとしても、不起訴処分を得ることができれば前科はつきません。

さらに、起訴前に弁護士にご依頼いただくと、不起訴処分獲得のためにのための弁護活動を受けることができます。

窃盗事件を起こしても、警察が介入する前にその事件を解決してしまえば、逮捕されない場合もあります。

事件後、迅速かつ適切に弁護活動を行うことによって、警察介入前に事件が解決することがあります。

多く見られるのは、警察介入前に示談が成立し、事件が解決するケースです。

弁護士が窃盗事件に関与することで、憤慨している被害者ともスムーズに示談交渉を進めることができます。

窃盗事件の示談については以下のページもご覧ください。

Q2

窃盗罪を弁護士に無料相談できる窓口はある?

イメージ画像

窃盗事件では、事件後すぐに弁護士に相談することが大切とわかりました。

しかし、いきなり弁護士事務所に足を運んで有料相談を受けるのはハードルが高いですよね。

気軽にスマホから「無料相談」することができれば非常に便利です。

弊所では、対面相談やスマホから相談などご自身で相談方法をお選び頂けます。

アトム法律事務所の無料相談
①LINE無料相談
LINEからいつでも気軽に相談を送信できる。
弁護士が直接、順次対応中。
②対面無料相談
警察介入後の刑事事件のご相談は初回無料(30分)。
電話予約窓口(0120631276)から24時間予約可能。
③Facebook相談窓口
Facebookのメッセージで弁護士に直接相談可能。
もちろん、秘密厳守で第三者に相談内容を知られることはありません。

毎日使うスマホから相談することができるのは非常に便利です。

無料相談では、

今後の窃盗事件の流れ

どのような刑罰を受ける可能性があるのか

対処方法

など、ご自身の知りたい情報をなんでも相談することができます。

私たち弁護士に窃盗事件を相談すれば、窃盗事件に関する不安や疑問を解消できます。

また、弁護活動を依頼すれば、窃盗事件を穏便に解決することが見込めます。

一人で悩まずに、お気軽に弁護士にご相談ください。

早めの相談が事件の早期解決につながります。

以下の窓口からまずは無料相談してみましょう。

無料相談のご案内

警察に逮捕・検察から呼び出しでお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります。相談依頼は今すぐ!

無料相談予約はこちら 0120-631-276 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら

無料相談のご案内

警察に逮捕・検察から呼び出しでお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります 相談依頼は今すぐ!

無料相談予約はこちら 0120-631-276 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら
2

窃盗罪の逮捕は弁護士に相談するべき?

イメージ画像
Q1

窃盗罪で逮捕!弁護士への相談は必要?

窃盗罪は、まず弁護士相談するべきといえます。

「窃盗事件」と一言でいっても、その内容や状況はさまざまです。

単純な万引き事件から、組織的な窃盗団の犯行などすべて「窃盗罪」でひとくくりされます。

ご家族が窃盗罪で逮捕された場合も、正しい解決策を探すためには、

具体的にどのような窃盗事件で検挙されたのか

を明らかにし、対処法を確認する必要があります。

弁護士への相談で、窃盗事件のどの要素が結論に影響し、どのような解決策があるのか専門的見地からアドバイスを受けられます。

過去にも窃盗事件を多く取り扱った弁護士に相談すると、刑事処分(懲役〇年、罰金〇円など)の見込みを知ることが可能です。

刑事処分の見込みや状況ごとの対処法など、ご自身だけでは不明な点も多いです。

窃盗事件を多く取り扱った弁護士であれば、

どんな刑事処分になるか

事件ごとの適切な対処法

をアドバイスすることができます。

Q2

窃盗罪を弁護士に依頼するメリットは?

イメージ画像

弁護士への相談で、事件についての不明点などを解消できることがわかりました。

窃盗罪を弁護士に依頼することも、非常にメリットがあります。

窃盗事件の流れの中で弁護士は重要な役目を担います。

先に、窃盗事件の逮捕後の流れを確認しましょう。

ご覧いただいたように窃盗事件はスピーディーに進行していきます。

特に、逮捕から起訴までは時間との勝負になります。

弁護士に依頼すれば、事件の段階に合わせた適切な弁護活動を受けることができます。

窃盗罪を弁護士に依頼することのメリットは具体的に以下の通りです。

逮捕前なら、逮捕されない可能性があがる

勾留されない可能性があがる

起訴されない可能性があがる

裁判で「保釈」や「軽い量刑」を目指せる

窃盗事件での解雇を防げる可能性がある

事件を早急に解決し、元の日常生活に戻るためにも弁護士の弁護活動は非常に有効です。

刑事事件に注力した弁護士が対応することで、事件を穏便に解決できます。

被害者対応などで困難を極める事件もありますが、弁護士に依頼すると多くの事件がスムーズに解決します。

被害者との示談交渉を弁護士が担うことにより、成立する可能性があがります。

窃盗罪において示談が成立すると、不起訴になるケースも多いです。

弁護士に依頼すると、相手方や捜査機関に自分の言い分を伝えることができます。

被害者に対する謝罪の意思も、弁護士であれば伝えるのがスムーズです。

捜査方法に不満がある場合や、自分の無罪を主張したいような場合でも、弁護士がついていれば、警察や検察、裁判所に伝えるのが簡単です。

事件の流れの中でも謝罪や示談交渉などの被害者対応は非常にデリケートです。

第三者で法律の専門家である弁護士の意見なら被害者側も聞き入れてくれる場合もあります。

ご覧のように、弁護士に依頼することで加害者側にもたくさんのメリットがあるとわかりました。

ご家族が窃盗罪の加害者になってしまった場合、まず第一に弁護士に相談することを検討しましょう。

Q3

窃盗罪で頼れる弁護士の探し方は?

窃盗事件において、弁護士は非常に重要な役割を果たすことがわかりました。

「窃盗罪で頼れる弁護士の探し方がわからない」と思われる方もいいかもしれません。

弁護士を選任する際には、いくつかの注意点があります。

刑事事件に注力している弁護士であるか

窃盗事件の過去の実績

無料相談を行っているか

話してみて馬が合うか

以上の点に注意しながら、ご自身に会った弁護士を探しましょう。

検索する方法としては、インターネットで窃盗を扱う弁護士事務所を検索するなどです。

事務所のホームページに、過去の実績を掲載している弁護士も多数います。

過去にどのような事件解決の例があるのか調べても参考になるでしょう。

逮捕についても、どのような対応をしてくれるかなどを確認しましょう。

参考に、弊所の過去の実績のページを掲載してきますのでぜひご覧ください。

3

【弁護士費用解説】窃盗罪を弁護士に依頼するといくらかかる?

イメージ画像
Q1

窃盗罪の弁護士費用の内訳は?

弁護士に窃盗事件を依頼すると、弁護活動の対価として「弁護士費用」がかかります。

弁護士費用がいったいいくらになるのか、気がかりな方も多いと思います。

以前、弁護士報酬は統一基準が設けられていました。

平成16年より、弁護士報酬が自由化され、弁護士ごとに自由に料金を設定できるようになりました。

弁護士費用は各事務所のホームページに記載されていることが多いです。

弁護士費用について疑問に思う部分がある場合は遠慮せずに弁護士に問い合わせましょう。

まずは、窃盗罪の弁護士費用の内訳をくわしくみていきいましょう。

弁護士費用は大きく分けて4つの項目に分類されます。

窃盗事件の弁護士費用
①相談料
弁護士への法律相談の対価として支払う費用
②着手金
弁護活動を始める時に発生する費用
キャンセルしても返金されない
③成功報酬
弁護活動の成果に応じて発生する費用
④日当・実費
日当:弁護士が面会・出廷などの出張をする際に生じる費用
実費:書面交付・郵送費用などの必要経費

基本的に以上の内訳で弁護士費用が設定されている場合が多いです。

冒頭でも解説した通り、弁護士事務所によって金額は自由に設定できます。

事前に弁護士に問い合わせたり、事務所のホームページを確認しましょう。

参考として、アトム法律事務所の弁護士費用は以下からご確認いただけます。

Q2

窃盗罪の弁護士費用の相場は?

イメージ画像

窃盗事件を弁護士に依頼するときに弁護士費用の相場が気になると思います。

窃盗事件の弁護士費用は事件ごと、事務所ごとに異なるので一概には言えません。

さらに、弁護士に支払う弁護士費用とは別に、示談する場合は被害者に支払う「示談金」も必要になります。

弁護士費用が事前に明確になっていても、示談金は被害者との交渉次第となります。

よって、トータルで必要な金額については事前に確認してもおおよその金額しかわかりません。

つまり、窃盗罪を解決するのに必要な費用は、

弁護士費用示談金

ということになります。

ちなみに、示談金の相場は窃盗事件の被害額によって大きく変動します。

窃盗罪によって生じた損害が高額の場合は、示談金が総額で100万円を超えることも珍しくありません。

被害額が高額であれば、実際に民事裁判になれば数百万円から数千万円以上の損害賠償が認められることもあります。

窃盗事件は事件ごとに費用が大きく変わります。

明確な費用をはじめから出すことは困難ですが、おおよその費用であれば弁護士に尋ねることができます。

事前に、どれくらいの費用がかかるかわかっていれば心の準備ができますね。

また、示談金の金額によっても費用は大きく変わります。

窃盗事件の示談について知りたい方は以下の記事もご覧ください。