交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

大麻栽培・麻薬所持で逮捕されたケース

執行猶予は弁護士の先生のおかげ、安心してすべてお任せできました

事件の概要

医療関係従事者のご依頼者様が、友人らと一緒に、営利の目的で大麻草を栽培し、また大麻、MDMA、LSDなどを所持した容疑で逮捕された事例。

弁護士相談後

ご依頼者様が逮捕された後に事件を受任しました。
友人と共同、営利目的、と厳しい条件が重なり起訴されてしまいましたが、起訴後は保釈金を納付して直ちに留置場から釈放されました。
また、その後の弁護活動により被告人側に有利な事情が証明されたため、事件は執行猶予で終了し実刑は回避しました。

弁護士からのコメント

大麻や薬物関係の事件では、営利目的と見られると厳しい処分が予想されます。
また、複数人で共同で関与していた場合は、口裏合わせを封じるために身柄拘束は長期化しがちです。

今回の事例でも、これらの事情に当てはまり、保釈請求の却下や実刑判決も予想されましたが、粘り強い弁護活動の結果、保釈と執行猶予が認められ、現実的には最善といえる結果で終わることができました。

その他の事件の解決事例

刑事事件なら、アトムの弁護士を。

年中無休、24時間営業でスピード対応
今すぐ電話がつながります

※ 新型コロナ感染予防の取組