喧嘩の謝罪文の書き方例文

1喧嘩の謝罪文 見本

謝罪文

甲野花子

この度は、甲野花子様に暴言暴力に及びましたこと、深くお詫び申し上げます。

甲野花子様に些細なことで言いがかりをつけ、不愉快な思いさせてしまったこと、あまつさえ暴力に訴えたこと、誠に慚愧の念に堪えません。

人様に怪我を負わせることは、決して許されない過ちであり、お許しを乞うのもおこがましいことでございます。

冷静になり、ことの重大さを認識し、私の今回しでかしたことは、私の常識のなさが原因であり、弁明の余地もございません。

甲野花子様におかれましては、その後お怪我の具合はいかがでしょうか。私の粗暴な振る舞いにより甲野花子様にお怪我を負わせてしまい、心よりお詫び申し上げます。

甲野花子様には、せめてもの償いとしまして、お怪我の治療費と慰謝料、私が破損いたしました〇〇につきまして、誠心誠意の賠償をさせていただきたいと考えております。

今後は決して今回のような社会人としてあるまじき行為を起こさないことを、固く誓います。

改めて今回の事件で、私の行いが大変なご迷惑をお掛けしましたこと、深くお詫び申し上げます。

本当に、申し訳ございませんでした。

令和元年5月15日

鈴木太郎

2喧嘩の謝罪文 ダウンロード

見本のダウンロードはこちらからできます。実際の事情に合わせて自分の言葉で書きましょう

見本をダウンロード

3喧嘩の謝罪文 解説記事

0120-419-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。