怪我の謝罪文の書き方例文

1怪我の謝罪文 見本

謝罪文

甲野花子

このたびは、息子〇〇甲野△△君に怪我をさせてしまい、大変なご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。

△△君の怪我の具合はいかがでしょうか。

息子が言うには、廊下を友達とふざけながら走り回っていた際、教室から出ようとした△△君にぶつかってしまったと聞きました。

”廊下を走ってはいけない”という学校のルールがあるにもかかわらず、それを守らず走り回っていたこと、親としては恥じ入るばかりでございます。

大切なお子様に怪我をさせてしまいましたこと、私どもの家庭における日頃の指導の甘さを恥じ、深くお詫び申し上げます。

〇〇には厳しく注意し、自分の行動がどういう結果を生むのか、何故してはいけないと決められているのかを考えて行動するよう諭しました。また、今後軽はずみな行為で人を傷つけることのないよう約束しました。本人も、かけがえのない大切な友達に怪我を負わせてしまいましたことを後悔し、心から反省しております。

お許しを頂ければ、出来る限り早くお見舞いに伺い、お詫びと治療費のことを相談させて頂きたいと思っております。このたびは大変申し訳ございませんでした。まずは書中にてお詫び申し上げます。

平成29年1月15日

鈴木太郎

2怪我の謝罪文 ダウンロード

見本のダウンロードはこちらからできます。実際の事情に合わせて自分の言葉で書きましょう

見本をダウンロード

3怪我の謝罪文 解説記事