4人の弁護士がこの記事に回答しています

刑事事件の謝罪文の例文|謝罪文の書き方は?文例はある?謝罪文・手紙は必要?

イメージ画像

刑事事件の被害者に謝罪文を書きたい…」

ご自身やご家族が刑事事件の加害者になった時、被害者への謝罪文を書く機会があるかもしれません。

  • 刑事事件の謝罪文の例文を見たい
  • 謝罪文の書き方がわからない
  • 被害者への謝罪の仕方は?

など、疑問がたくさん出てくると思います。

今回は、弁護士の先生の解説を交え「刑事事件の謝罪文」についてQ&A方式でお答えしていきます。

刑事事件の謝罪文の例文もお届けします。


1

【例文】刑事事件の謝罪文フォーマット|書き方・内容など詳しく解説

イメージ画像
Q1

刑事事件の謝罪文の例文はある?

日常生活の中で、刑事事件謝罪文を書く機会はあまりありません。

どのように執筆すればよいのか不安に思われる方もいらっしゃると思います。

謝罪文を書く際の注意点や書き方をご紹介します。

刑事事件の謝罪文を書く際は、被害者が感じたであろう不快感や恐怖心を具体的にイメージしましょう。

例文を参考にするのも良いですが、ご自身の言葉で謝罪することが重要です。

示談書には、ルールや盛り込む事項が決められています。

しかし、謝罪文には決まったルールはありません。

事件について言い訳はせず、謝罪の意思と更生の決意を記載しましょう。

更生の決意は、できれば具体策も書くとより良いです。

以下が刑事事件の謝罪文の例文です。

上記サンプルの赤文字部分は、実際の事件に合わせて変更しましょう。

また、謝罪文を書く際は、テンプレートを丸写しするのではなく、ご自分の言葉でかくようにしましょう。

Q2

書き方・内容はどんな点に注意すればいい?

謝罪文の全体像は、例文を通して見えてきましたね。

ご自身で謝罪文を作成する際は、以下のような点にも注意して執筆しましょう。

注意点

① 相手の気持ちを考え、謝罪の気持ちが伝わるように書く

② 更生の決意や更生の具体策を書く

③ 手書きで丁寧に書く

謝罪文は、必ずしも手書きでなくても構いません。

もっとも、手書きで丁寧に書かれた謝罪文のほうが被害者に誠意が伝わりやすいです。

刑事事件の種類によって、犯行内容・被害・状況・被害者の心情など事情が異なります。

ご自身だけで謝罪文を作成する場合も、弁護士に一度目を通してもらうことをお勧めします。

弁護士にチェックしてもらうと、ご自身だけで最後まで作成するよりも、大幅にリスクを減らすことが可能です。

また、弁護士に謝罪文を確認してもらうと、問題のない謝罪文がスムーズに作成できます。

2

【刑事事件】被害者への謝罪の仕方は?謝罪文や手紙は必要?

イメージ画像
Q1

刑事事件の被害者への謝罪の仕方は?

刑事事件が不起訴で終了すると、前科をつけずに事件を解決することができます。

刑事事件を不起訴で終了させるには、示談が重要なカギです。

被害者の方に謝罪を尽くし、示談が成立すればその後の刑事手続きで有利な事情として考慮されます。

何よりもまずは、被害者に謝罪の言葉を伝えることが大切です。

被害者がいる刑事事件では、まず謝罪を尽くしてから「被害弁償したい」など罪を償いたい旨の申し出をしましょう。

そのうえで、示談交渉をするようにしましょう。

「示談」を「事件化させないでもみ消す」といった印象を持つ被害者もいます。

初めから「示談したい」というと誤解を与え、被害者の感情を逆なでるケースもあります。

まずは、謝罪を尽くし、被害弁償の申し出をすることがベストといえます。

そして、最終的に示談の成立や被害者の許しを得る方向へもっていきましょう。

刑事事件の示談については以下の記事もご覧ください。

Q2

謝罪文や手紙は必ず送るべき?

イメージ画像

刑事事件の示談交渉を行う前に謝罪文を送ることは、必須ではありません。

謝罪文は必須ではありませんが、被害者へ謝罪する際、反省文・謝罪文など、手紙で謝ることは効果的です。

口頭で謝罪済みだとしても、書面にして被害者に渡すとよい影響をもたらすことも考えられます。

刑事事件において、謝罪文や手紙は必ずしも必要なわけではありません。

ただし、示談を行う際に作成する示談書は、この先の刑事手続きの中でも重要です。

示談を円滑に進めるために、謝罪文や手紙が効果的です。

示談書は後日、警察や検察庁に提出される可能性が高い書面です。

また、示談書は被害者の気持ちや状況に変化があっても、動かぬ証拠になり、示談内容を主張しやすいです。

示談をスムーズに締結することは、その後の刑事手続きにおいて非常に重要です。

弁護士に依頼すると、被害者から許しをもらい、示談を成立させやすくなります。

また、示談書においても弁護士がチェックすることで被害者への配慮が十分かなどのアドバイスを受けられます。

Q3

刑事事件は被害者に謝罪文を書かないと起訴される?

謝罪がなかったから起訴されるといった因果関係はありません。

もっとも、謝罪をせず被害者と示談が成立しなかった場合はのちの刑事手続きに影響を与える場合があります。

軽微な刑事事件で、過去に同様の前科・前歴がないような場合、不起訴処分を獲得できるケースが多いです。

その際は、弁護士を通じて被害者と示談を締結することが重要となります。

謝罪、被害弁償の上で示談を締結すれば、多くの事件で前科がつくことを防ぐことができます。

また、刑事事件の被害がそれほど大きくない場合は、被害者と示談が成立すれば、起訴猶予による不起訴の可能性が高まります。

被害者と示談が成立すれば、加害者を起訴する必要性が低くなるからです。

これに対して、示談しても起訴されるケースもあります。

例えば、刑事事件の被害が甚大な場合や、刑事事件の行為が悪質な場合です。

被害者への「謝罪」の効果
謝罪あり 謝罪なし
示談成立の可能性
起訴の可能性 低~中 中~高
Q4

刑事事件で謝罪金は必要?

謝罪金とは、つまり迷惑料のことです。

迷惑料とは、刑事事件により様々な迷惑を掛けられたことに対して支払う金額です。

通常、謝罪金などは示談の際に支払う「示談金」に含まれる場合があります。

損害賠償金(賠償金)や慰謝料も示談金の中に含まれています。

謝罪金(迷惑料)の金額やその算定の合理性は、刑事事件の処分に影響します。

示談金は、基本的に民事裁判で認められるような適性金額が基準となります。

そして、民事裁判の基準で考えて、適性だと判断されるものなら、支払うほうがよいでしょう。

民事裁判の基準については、法律の専門家である弁護士に相談するのがいいでしょう。

被害者への謝罪の気持ちや、示談の成立による刑事事件への影響を考えて、対応を検討してください。

「謝罪金」も示談金の一部だということがわかりました。

通常、刑事事件の被害がそれほど大きくない場合は、被害額+α程度の示談金(謝罪金含む)でまとまるケースが多いです。

刑事事件の示談金の相場は、ケースによって大きく異なります。

刑事事件によって生じた結果の大小や、被害者の処罰感情によって金額が左右されることが多いです。

被害者の側としても、被害(盗まれたものや治療費)に、プラスアルファとして一定の慰謝料を貰えれば、誠意が伝わったとして満足するケースが多いです。

刑事裁判の約8割は、略式手続という罰金以下の刑で終わります。

示談が成立していると、略式手続の裁判にもならずに刑事事件が終了する場合も多くあります。

被害者の求める示談金が、略式起訴された後に科される罰金の額を大きく上回る場合があります。

その際、加害者が「罰金を支払った方がまし」と考えて示談に応じないことも少なくありません。

ただし、略式手続で罰金になると前科がついてしまいます。

もっとも、罰金を支払っても、被害者の損害賠償請求権がなくなる訳ではありません。

加害者は、刑事裁判終了後も被害者の被害回復に努める必要があります。

ご自身やご家族が刑事事件の加害者になった場合は、適切な金額で示談を締結させることを目指しましょう。

こちらに例として、刑事事件の示談金・罰金の例の表を用意しました。

参考にご覧ください。

刑事事件の示談金・罰金の例
示談金の例 罰金の例 罰金の上限
暴行・傷害 5200万円 1050万円 50万円
痴漢 20100万円 *3050万円 *50万円
盗撮 30100万円 *2080万円 *100万円
強制わいせつ 30380万円 法定刑に罰金なし 法定刑に罰金なし

上記の表の示談金金額はあくまで目安の金額になります。

傷害事件などでは、後遺症により高額となる事件もあります。

より、正確な金額は弁護士に尋ねてみましょう。

3

【弁護士無料相談】刑事事件についての相談は弁護士へ

イメージ画像
Q1

弁護士に刑事事件の相談をするべき?謝罪文は見てもらえる?

ご自身やご家族が刑事事件の加害者になってしまったら、たいへん動揺されると思います。

また、謝罪文の書き方もお一人ではよくわからないかもしれません。

その際は、まず弁護士相談することをお勧めします。

さらに、そのまま弁護士に刑事事件を依頼すれば様々なメリットがあります。

刑事事件の経験が豊富な弁護士が担当することにより、事件がスムーズに解決できます。

被害者対応などは非常にデリケートですが、弁護士であれば穏便に解決できることが多いです。

示談交渉はご自身でも可能ですが、弁護士が対応することで示談が円滑にまとまるケースが多いです。

被害者側としても、加害者本人と直接やり取りすることを嫌がる場合があります。

第三者であり、法律の専門家である弁護士ならば会ってもいいという方も多いです。

弁護士に依頼すると被害者や関係当局にご自身の言い分を適切に伝えることが可能です。

被害者に対する謝罪の意思も、弁護士であればスムーズに伝えることができます。

また、

捜査方法に不満がある場合

自分の無実を主張したい場合

などでも、弁護士がついていれば、警察や検察、裁判所に伝えるのが比較的容易です。

弁護士に刑事事件を依頼すれば謝罪から事件解決まで、あなたの心強い味方となります。

以上の理由から、刑事事件は刑事事件に注力している弁護士にまず相談することが得策といえます。

Q2

刑事事件を弁護士に無料相談する方法は?

刑事事件を弁護士に相談すれば、適切なアドバイスや迅速な弁護活動を受けることが可能です。

刑事事件でご家族が逮捕された際、まずは今後の見通しなどが気がかりだと思います。

以下の窓口では、LINEから無料相談を行うことが可能です。

また、対面相談をご希望の方は24時間、電話窓口でご予約を受け付けております。

事件の加害者になってしまったらまずは気軽に弁護士に相談してみましょう。

無料相談のご案内

警察に逮捕・検察から呼び出しでお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります。相談依頼は今すぐ!

無料相談予約はこちら 0120-631-276 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら

無料相談のご案内

警察に逮捕・検察から呼び出しでお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります 相談依頼は今すぐ!

無料相談予約はこちら 0120-631-276 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら