6人の弁護士がこの記事に回答しています

逮捕後の接見禁止|接見禁止の理由は?面会する方法は?期間は?手紙は渡せる?

イメージ画像

逮捕され勾留が決定した後、接見禁止の処分が付けられる場合があります。

接見禁止とは、裁判所が、勾留中の本人に対しての、面会、書類や物の受け渡し、手紙のやり取りなどを禁止する処分を言います。

勾留されている家族に会えないと非常に不安になります。

接見禁止になる理由は?

接見禁止でも面会する方法は?

手紙を渡すことは可能?

など、疑問を解消していきましょう。

1

逮捕後の接見禁止①|接見禁止の理由は?詐欺罪・覚醒剤・大麻で逮捕されたら接見禁止?

Q1

逮捕後に接見禁止になる理由は?

そもそも、接見とは、

(略)刑事手続により身体の拘束を受けている者と面会すること。(略)

有斐閣 法律用語辞典 第4版

をいいます。

接見禁止命令が出されると、逮捕・勾留されている家族との面会が一切できなくなります。

また、面会だけではなく手紙のやり取りもできなくなる場合があります。

身柄を拘束されている本人は、留置施設外の情報を知る術がなくなってしまいます。

「接見禁止」の処分がつけられる理由はどういったものなのでしょうか。

接見禁止の要件は、「逃亡、又は、罪証隠滅を疑うに足りる相当な理由」です。

身柄拘束に加えて、接見禁止までしなければ、逃亡、又は、罪証隠滅につながる恐れがあるという事情が必要です。

逮捕されている本人は、勾留中に厳しい取り調べを受けます。

また、この先の刑事処分などを考え大きなストレスを抱えています。

その状況で接見禁止が付き、家族と一切会えなくなることは想像以上につらい状況です。

起訴前の勾留中では、否認事件で接見禁止がつくことが多いです。

自白に転じたときに接見禁止が解除されることがあります。

以上のようなことがあるため、接見禁止解除のため虚偽自白を誘発してしまう可能性もあがります。

Q2

勾留決定後に接見禁止になる犯罪は?詐欺罪・覚醒剤・大麻?

逮捕後、勾留決定時に接見禁止が付けられる可能性が高い事件はあるのでしょうか。

組織的な詐欺事件などは、勾留に接見禁止の処分が付くことが多いです。

関係者同士の口裏合わせによる証拠隠滅を防止する観点から接見禁止がつけられます。

Q3

接見禁止を解除するには?

接見禁止解除するには、弁護士に接見禁止の解除、又は、一部解除を申請してもらう必要があります。

接見禁止は、次のような段階を追って解除されやすくなります。

否認事件が自白事件に転じたときに解除

起訴されたときに解除

刑事裁判で証人の証言が終わった段階で解除

刑事裁判で証拠調べが終わった段階で解除

以上のタイミングで解除される場合が多いです。

では、解除されるためには具体的にどうすればよいのでしょうか。

弁護士を通して、裁判所に対して接見禁止の解除を申し立てをします。

一度、接見禁止の解除を申請して認められなくとも、次の段階で再度、接見禁止の解除、又は、一部解除の申請を積極的に弁護士に行ってもらうことが重要です。

次に、起訴された場合は、裁判所に対して準抗告、初公判後は抗告を行います。

接見禁止が解除されなくとも、ご家族様など一部の方に限り面会を認める一部解除もなされることがあります。

刑事裁判で証人の証言が終わった段階で、接見禁止が解除されることがあります。

なお、刑事裁判で証拠調べが終わったら、ほとんどの場合に接見禁止が解除されます。

ご自身の力だけで接見解除を行うのは不可能です。

接見禁止がつけられた場合は弁護士に接見禁止解除の申し立てを行ってもらいましょう。

2

逮捕後の接見禁止②|理由・期間・手紙は差し入れできる?など解説

イメージ画像
Q1

接見禁止の期間は?

逮捕され勾留が決定された後、接見禁止がどのくらいの期間つづくことになるのかは事件によってさまざまです。

逮捕・勾留~起訴前まで(13日~23日間)

逮捕・勾留~裁判の前まで(1ヶ月~2ヶ月間)

など、事件ごと状況ごとに様々なので一概にはいえません。

逮捕されたら、勾留されるのか、接見禁止となるのか弁護士や警察官・検察官などに問い合わせてみましょう。

また、逮捕後すぐは基本的に、逮捕の翌日に留置場面会することは難しいです。

逮捕後すぐは、取り調べのための時間確保が必要になります。

接見禁止処分がつけられていない場合、面会可能なタイミングは以下の通りです。

逮捕された当日や翌日は、まだ取り調べが進んでいない場合が多いので、面会時間の確保は難しくなります。

そもそも、勾留が決定する前では、面会が権利として認められているわけではありません。

ただし、簡易な事件で取り調べもすんなり進んでいる場合には、留置係の判断で面会が許可される場合があります。

留置係が応じない場合は、弁護士以外の一般の方が面会をすることは難しくなります。

Q2

勾留決定される前なら面会可能?

通常、ご家族が面会できるのは、通常は勾留が決定された後、つまりおおよそ逮捕から72時間後ということになります。

ただし、弁護士以外との面会について、法律ではっきりとした規定はありません。

よって、原則として面会することができないといわれています。

実際は、勾留される「前」の逮捕中でも、担当刑事の許可があれば家族も面会できるケースもあります。

もっとも、勾留前の家族との一般面会が許可されるのは

軽微な事案である

事実関係にほとんど争いがない

ようなときで、捜査がすぐに済む場合に限られています。

勾留前に家族に面会するのはなかなか難しそうです。

特に、接見禁止がつくことが見込まれるような複雑な事件では、勾留前に家族と面会することは困難だと言えます。

Q3

夫・彼氏が逮捕され接見禁止に…手紙は渡せる?

接見禁止中であっても、手紙の授受は禁止されないこともあります。

手紙のやり取りが可能かどうかは、各留置場に問い合わせてみましょう。

接見禁止だからといって、一律に手紙の受領が認められないという訳ではありません。

手紙を受領できる場合でも、手紙の内容は、検閲でチェックし、また、文字の削除などがされます。

弁護士であれば、接見禁止中であってもご本人様と面会することができます。

よって、弁護士がその手紙をの内容を判断したうえで、ご本人様との面会時に手紙の内容をお伝えすることもできます。

接見禁止で、かつ、手紙の受領禁止とされている場合は、本人は手紙を受け取ることができません。

処分が解けた場合等に、手紙が本人に交付されます。

もっとも、接見禁止期間中でも弁護士なら面会が可能ですので、手紙の内容を代わりに伝えることができます。

接見禁止が付けられている場合は、弁護士による面会代行もご検討ください。

3

【弁護士無料相談】逮捕後、接見禁止になった際に面会する方法とは

イメージ画像
Q1

接見禁止でも面会する方法はある?

接見禁止がついてしまった場合、家族と面会することはできません。

しかし、どうしても家族に伝えなければならないことがあったり、家族の様子を確認したい場合がありますよね。

弁護士なら、接見禁止中であっても、逮捕されているご本人様と唯一面会することが可能です。

弁護士が、ご家族様からの伝言等をご本人様にお伝えすることは可能です。

逆に、逮捕されているご本人様からの伝言や様子をお伝えすることもできます。

接見禁止の場合は、弁護士による面会代行もご検討ください。

Q2

夫・彼氏が逮捕!弁護士に相談するべき?相談窓口はある?

イメージ画像

彼氏が逮捕され、身柄を拘束されてしまった…

家族が身柄を拘束されているとき、接見禁止がついてしまうと、非常に不安です。

実際に身柄を拘束されている家族はさらに不安に駆られているでしょう。

たとえ、接見禁止がついていたとしても、弁護士ならば代わりにご家族と面会することが可能です。

家族に今すぐ伝えたいことをお伝えしたり、身柄を拘束されているご家族の様子を伝えることもできます。

ご家族が逮捕されてしまった場合、まずは弁護士へご相談ください。

弁護士に相談したいけど、どこに相談すればいいのかわからない…

という方も多いと思います。

以下の窓口から

LINEで気軽に相談できる無料相談窓口

24時間電話で予約がとれる対面相談

などで、弁護士と直接相談することが可能です。

お一人で悩まれる前にまずは弁護士への相談を検討しましょう。

無料相談のご案内

警察に逮捕・検察から呼び出しでお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります。相談依頼は今すぐ!

無料相談予約はこちら 0120-631-276 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら

無料相談のご案内

警察に逮捕・検察から呼び出しでお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります 相談依頼は今すぐ!

無料相談予約はこちら 0120-631-276 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら