6人の弁護士がこの記事に回答しています

【刑事事件】示談とは?不起訴になる?示談金の相場・ベストタイミングについても

イメージ画像

刑事事件示談とは?メリットは?

示談金の相場は?

示談のベストタイミングはいつ

このようなお悩みや疑問を抱えている方へ。

刑事事件弁護の経験豊富な弁護士が、あなたのお悩みや疑問を解決する手段をご案内します。


1

刑事事件で示談するとは?メリットは?

示談がポイント
Q1

【意味】示談とは?

刑事事件示談とは、刑事事件によって被害者に生じた損害について、加害者がいくら賠償するかなど、話し合いで解決することです。

示談」とは、民事上の紛争について、裁判外における当事者間の話合いによって解決することです。

示談

民事上の紛争について、裁判外における当事者間の話合いによって解決すること

刑事事件をおこしてしまうと、相手方に被害が生じるため損害賠償をしなければなりません。

怪我の治療費、精神的苦痛に関する慰謝料などです。

このような刑事事件の損害賠償について、加害者と被害者が話し合いで解決するのが示談です。

示談とは

示談交渉では、加害者側は被害者に謝罪し、示談金をいくら支払うのかを決めます。

くわえて、示談で問題になった示談金のほかに賠償義務がないことを確認します。

さらに、示談で合意した賠償金以外に被害者に宥恕(ゆうじょ)の意思を示してもらうことや、被害届や告訴状の取り下げについても交渉していきます。

示談書の内容(一例)
①示談金
・金額と支払義務の確認
・示談金を受け取ったこと
②清算条項
示談の合意以外に債権債務がないことを確認
③被害届の取り下げ
④告訴の取り消し

宥恕」というのは、被害者が加害者をゆるすということです。

具体的には、「示談の成立により、被害者は今回の刑事事件を許し、加害者が刑事処罰を受けないことを望む」といった条項示談書に盛り込まれることがあります。

イメージ画像
Q2

【流れ】示談の流れは?

示談の流れは、次の図のとおりです。

示談の流れ

被害者のなかには、直接加害者と連絡をとりたくないと考える方もおられます。

そのため、通常は、加害者の代わりに、担当の弁護士が示談にのぞみます。

連絡先を知られることに被害者が承諾した場合、検察官から被害者の連絡先を聞くことができ、示談交渉がスタートします。

示談交渉について弁護士がリードしてくれるとはいえ、示談の主体は加害者の方自身です。

示談の前提として、被害者の方への謝罪は不可欠です。

適切なタイミングで誠意ある謝罪を心がけましょう。

示談の進め方

弁護士が進めてくれる

謝罪は自身が誠意をもってする

起訴・不起訴
Q3

【メリット】示談で不起訴?示談なしだとどうなる?

示談で不起訴になりやすい理由とは…

示談をするメリットというのは、不起訴になったり、刑罰が軽くなったりする可能性が広がる点にあります。

示談と不起訴の関係についていうなら、起訴か不起訴かは、検察官によって決定される事項です。

公訴は、検察官がこれを行う。

引用元:刑事訴訟法第247条

犯人の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときは、公訴を提起しないことができる。

引用元:刑事訴訟法第248条

さまざまな事情が考慮されて起訴・不起訴が決定されるわけですが、その事情のひとつに「犯罪後の情況」も含まれています。

犯罪後の状況の具体例の一つが、示談の成立です。

示談の成立は、「当事者間では刑事事件が解決している」ということを検察官に示すことができます。

このような場合、検察官によって「訴追の必要がない」と判断される可能性があります。

【起訴】検察官が考慮する事情
起訴 不起訴
・再犯
・前科あり
・重大犯罪
・反省なし
・初犯
・酌(く)むべき事情あり
示談成立

「示談なし」だとどうなるのか…

示談なしの場合、不起訴処分をだすための考慮事情の一要素が欠けることになります。

示談なしの場合、「加害者が誠実に示談交渉をしてない」などと評価される可能性があります。

その場合、不起訴にならなかったり、刑事裁判での厳しい処分も予想されます。

示談できない場合には、どうやって示談交渉をすすめてきたかを細かく説明するとともに、贖罪寄付という方法もあるので諦めずに頑張りましょう。

贖罪寄付

罪をつぐなう意図で人権擁護団体などに寄付をすること

示談交渉ができないとき反省を表現できる

イメージ画像
2

示談金の相場は?刑事事件としての交通事故・傷害事件など

Q1

交通事故(ひき逃げetc)の示談金は?

示談というのは、当事者間で民事上の紛争を解決する手段です。

被害者が示談金を受領してはじめて、損害について解決したことになります。

そのため、示談金は必ず用意しなければなりません。

示談金の金額については、以下のような実例があげられます。

イメージ画像

交通事故の示談金は?

交通事故といっても、ひき逃げ・追突事故・死亡事故などさまざまです。

人身事故の場合、相手方の怪我の治療費や慰謝料、怪我による減収などの損害も加味されます。

ひき逃げの示談金
事案 示談金*
全治4週間の怪我 5万円
全治8週間の怪我 30万円

*保険会社によって支払われた金額を除く

追突事故の示談金
事案 示談金*
停車中の車両に追突 20万円
右折待機中の前方車両に追突 42万円

*保険会社によって支払われた金額を除く

死亡事故の場合、示談が成立しても起訴される可能性は高いです。

だからといって、「示談に意味がない」というわけではありません。

示談によって、量刑が通常よりも軽微なものとなる可能性があります。

執行猶予が付く可能性もあります。

死亡事故の示談金
事案 示談金* 刑事処分
道路横断中の歩行者に車を衝突させた。
被害者は、多発外傷で死亡。
120万円 禁錮1
(執行猶予3年)
赤信号を無視して交差点に進入し、左方道路から進行した自転車に車を衝突させた。
被害者は、脳挫傷等で死亡。
300万円 禁錮1
(執行猶予3年)

*保険会社によって支払われた金額を除く

イメージ画像
Q2

傷害・全治1週間の示談金は?

傷害事件の示談金は、10万円ということもあれば150万円にのぼることもあります。

怪我の程度や、相手方の処罰感情によって、示談金の金額は上下します。

傷害事件の示談金
事案 示談金
・擦り傷 10万円
全治1週間の打撲 40万円
・線路に突き落とす
・頭部に全治約1週間の怪我
100万円
・バックのひったくり。
・左後頭部に全治約1週間の怪我。
150万円

全治1週間の傷害事件であっても、暴行の仕方や、どんな怪我なのかによって、示談金は異なります。

Q3

胸ぐらをつかんで暴行…示談金は?

暴行の示談金も、金額に幅があります。

暴行の態様が比較的軽微な事案の場合、5万円ということもあります。

一方で、50万円を超えるケースもあります。

傷害事件の示談金
事案 示談金
タクシー運転手に頭突き 26万円
電車の乗降時にトラブルになり、胸ぐらをつかんだ 45万円
スタンガンで暴行 60万円
Q4

示談にかかる弁護士費用は?

刑事事件の弁護士費用についてはこちらのページをご覧ください。

3

示談はいつ?刑事事件にとってベストなタイミングは?

イメージ画像
Q1

示談交渉はその場でしてはいけない!

交通事故の示談は?

交通事故の場合、事故の現場で示談をしてはいけません。

保険会社の保険がおりなくなるリスク

責任以上の損害賠償金を支払わなければならないリスク

が生じるからです。

交通事故に関する示談交渉は、弁護士や保険会社の担当者といっしょに進めるのが安心です。

交通事故による損害が確定してから、示談交渉をすすめていきましょう。

【交通事故】示談交渉開始のタイミングは?
物損事故 ⇒損害が確定してから
人身事故 後遺症なし ⇒被害者の通院終了後
後遺症あり ⇒後遺障害等級認定後
死亡 ⇒四十九日経過後

※あくまでも目安です。実際の事件については担当弁護士等におたずねください。

窃盗・盗撮etcふつうの刑事事件は?

逮捕された時から示談交渉をはじめることが多いといえます。

逮捕された事件では、警察から検察官へ事件が送致されます。

その際、警察によって「送致意見」がふされます。

その時点で示談が成立していれば、「厳重処分」の送致意見がふされる可能性は低いでしょう。

送致意見

厳重処分

寛大処分

相当処分

しかるべく

ただ、送致される前に示談が成立することは、交渉の時間が少ないため、現実的にはまれです。

送致された後、起訴されるまでの間に、示談を成立させることが現実的な指標となります。

送致後、勾留中に示談が成立すれば、多くの事件では釈放されることになります。

示談が成立しないまま起訴されてしまったとしても、示談交渉をやめるべきではありません。

起訴後でも、示談の成立により、判決に執行猶予がつく可能性が出てきます。

執行猶予がつけば、懲役刑がだされても刑務所に収容されることはありません

執行猶予

刑の言渡しをうけた場合に、情状によりその執行を一定期間猶予し、その期間を無事経過するときは刑を受けることがなくなる制度

Q2

いつまでに示談しないといけない?

今までの内容をまとめてみると、示談交渉を始めるのは、

警察からの呼び出しの時点

逮捕された時点

といったタイミングが考えられます。

起訴される前に示談交渉がまとまれば、不起訴の可能性が広がります。

示談のタイミングとメリット

起訴された後でも、執行猶予がつくなど刑罰が軽くなる可能性があるため、示談交渉をあきらめずに続けていきましょう。

4

刑事事件の示談・示談書の書き方でお悩みの方は弁護士に無料相談!

イメージ画像
Q1

スピーディーに弁護士に無料相談したいなら

刑事事件示談について知りたい・・・

示談金の相場が知りたい

示談のタイミングが知りたい

このような刑事事件のお悩みは突然起こるもの。

そんなお悩みにスピーディーに対応するために、アトム法律事務所では電話LINEを窓口として、24時間無料相談の予約を受け付けています。

無料相談のご案内

刑事専門弁護士の無料相談について詳しく知りたい方は、無料相談のご案内をご覧ください。

今すぐお電話をしたい方は、フリーダイヤル 0120-476-911 におかけください。

24時間365日、専門スタッフがお電話をお待ちしております。