7人の弁護士がこの記事に回答しています

薬物事件でお悩みなら刑事専門弁護士に相談|24時間対応LINE無料相談など

イメージ画像

薬物に専門性を持つ弁護士をお探しの方はいませんか?

  • 薬物犯罪について弁護士に相談したいんだけど…
  • 無料で手軽に相談できるサービスってないの
  • 薬物犯罪について弁護士に頼れば逮捕を回避できるの

ご覧のページではこのようなお悩み・疑問に弁護士がお答えします。


1

薬物犯罪に専門性をもつ弁護士事務所|無料相談サービスを紹介

薬物犯罪についてお悩みをお持ちの方の中には、

きちんと相談にのってもらえないかもしれない

弁護活動をしてもらえないかもしれない

とお思いになり、相談先を探すことに二の足を踏んでしまう方も多いです。

アトム法律事務所は設立以来、刑事事件を専門的にとり扱う弁護士事務所として活動してきました。

薬物事件の弁護活動についてもとり扱っており、実績を積み重ねています。

Q1

24時間対応する相談予約受付の電話窓口とは?

アトム法律事務所では、相談の予約を受け付ける電話窓口を24時間365日運営しています。

スマートフォンで記事をご覧の方は、画面下方の『弁護士無料相談のご案内』タブから

PCから記事をご覧の方は画面右上に記載されている電話番号から

それぞれコールすることができます。

相談料が無料になるサービスも

アトム法律事務所では、

逮捕、勾留中の事件

警察から取り調べを受けた事件

警察から呼び出しを受けた事件

については、初回30分の相談料が無料となります。

もちろん無料相談を利用したからと言って、アトム法律事務所への依頼が必須になるわけではありません。

セカンドオピニオンとしての利用も歓迎しています。

Q2

24時間対応のLINE無料相談とは?

アトム法律事務所は、「LINE無料相談サービス」も運営しています。

混雑の具合などによりすぐ返答ができない場合もありますが、基本的には24時間365日、いつでも相談を受け付けています。

匿名による相談も可能で、気軽に法的なアドバイスを受けることができます。

無料とは言っても、質問、相談にはきちんと弁護士がお答えしています。

スマートフォンでご覧の方は、画面下方の『LINE無料相談』タブから

PCから記事をご覧の方は記事の下にある『LINEで無料相談』のバナーから

気軽にアクセスしてみてください。

Q3

弁護士費用が知りたい!

アトム弁護士法人グループの弁護士費用体系は、すべての事務所、支部で共通しています

どの支部でご相談、ご依頼いただいても料金は変わりません。

くわしい費用の体系はこちらのページでご紹介しています。

料金の詳細を包み隠さず公開しています。

実際に依頼したとき、費用としていくらくらいかかりそうか、相場がお分かりになることと思います。

2

「地元で薬物事件の相談をしたい…」刑事専門弁護士事務所の所在地

イメージ画像

アトム弁護士法人グループは全国11か所に拠点を置き、年中無休24時間体制で刑事事件のお悩みを受け付けています。

Q1

東京・大阪・名古屋・福岡…アトム弁護士法人の場所って?

アトム弁護士法人グループは、それぞれ以下の地域に事務所を構えています。

本社

新宿

北千住

埼玉大宮

千葉

市川

横浜

名古屋

京都

大阪

福岡

お住いの地域の近くの事務所に、ぜひ相談してみてください。

Q2

なぜアトムの弁護士に相談すべきなの?

刑事事件は時間との勝負といった側面があります。

より気軽手軽に相談できる

ということが、刑事事件のお悩み解決においてはとても重要なことなのです。

アトム法律事務所の来所相談は完全個室

誰かに相談を聞かれる心配はありません。

LINE無料相談は匿名の相談も受け付けています。

より気軽に相談できるアトム法律事務所の相談サービス

を使って、いち早くお悩みを解決してください!

3

薬物について刑事専門弁護士に頼るべき理由|逮捕されない?冤罪なら不起訴になる?

イメージ画像

薬物犯罪は、

証拠隠滅の容易さ

売買のルートなど、明らかにすべき事実の多さ

などから、逮捕される可能性が非常に高い類型の犯罪です。

Q1

弁護士に依頼すれば逮捕されない?冤罪で不起訴の実例とは?

一概に、

「弁護士に頼れば逮捕・起訴されない」

などと断言することはできません。

ただ、身体を拘束されたり起訴されたりする可能性を下げることはできます

逮捕回避の実例

過去、アトム法律事務所で逮捕の回避にいたった実例としては以下のようなものがあります。

逮捕回避の実例|大麻所持

別件の窃盗事件で家宅捜索を受けた際、自宅に保管していた大麻までもが見つかってしまったというケース

相談者は窃盗の件で逮捕・勾留、起訴され保釈中の身であった。

この事例では、

警察に意見書弁面調書等を提出

などの活動により、大麻の件についての逮捕を避けることができました。

不起訴処分獲得の実例

嫌疑不十分で起訴を回避することができた実例もあります。

不起訴の実例|大麻と麻薬所持

相談者は音楽のフェスに参加した際、たばこを濡らしてしまった男性に手持ちの巻きたばこをあげた。

その後、当該の男性からお返しにとDHCの亜鉛の袋をもらったが、実はその袋の中に大麻や麻薬が入っていた

フェス終了後パトロール中だった警察官から職務質問を受けた際に当該の麻薬類が見つかり、後日逮捕された

この事例では、

袋の中身について薬物であるという認識がなかった

という点を強く主張。

結果、嫌疑不十分で不起訴となりました。

弁護士に頼るメリット

これら事例は比較的相談者の希望に沿うことができた事例といえます。

薬物犯罪においては、基本的には、

逮捕される覚悟

起訴される覚悟

が必要となります。

ただし逮捕や起訴が免れなかったとしても、弁護士に頼ることで

身体拘束の負担軽減

量刑の軽減

を得られる可能性があります。

身体拘束の負担軽減

後日逮捕を行う日取りを調整してもらう

勾留を阻止する

即決裁判で身体拘束の期間を短くしてもらう

保釈申請を通す

量刑の軽減

執行猶予付き判決を得る

刑の長さを短く抑える

弁護士は、

警察や検察官、裁判官への要望書などの提出

被疑者、被告人に有利な証拠の収集

などの活動により、これらの実現に努めます。

具体的には、

薬物依存の治療の開始

悪い人間関係の精査や清算

生活環境の整備

などに努め、得られた成果を検察官などにも共有します。

4

薬物に関する罪の種類や逮捕の流れについて知りたい方はコチラ

薬物ってそもそもどんな罪に問われるの?

逮捕の流れについて知りたい!

そのような方はコチラの記事をご覧ください。


5

刑事事件のお悩みを弁護士に無料相談

イメージ画像
Q1

スピーディーに弁護士に無料相談したいなら

薬物の所持、使用の疑いで逮捕されてしまいそう!

薬物で起訴されたくない!実刑を回避したい!

刑事事件の加害者として捜査、訴追されている方は、なるべく早く弁護士に頼ることが重要です。

早ければ早いほど

逮捕の阻止

不起訴処分の獲得

量刑の軽減

について可能性が高まります。

刑事事件は時間との勝負です。

なにか少しでもお悩みのことがあるのなら、早急に弁護士事務所に相談するべきと言えるでしょう。

24時間、365日無料ですぐに法律相談ができるLINE相談窓口

24時間、365日無料ですぐに相談の予約ができる電話窓口

などを活用し、ご自身のお悩みを払拭してください。

無料相談のご案内

警察に逮捕・検察から呼び出しでお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります。相談依頼は今すぐ!

無料相談予約はこちら 0120-631-276 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら

無料相談のご案内

警察に逮捕・検察から呼び出しでお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります 相談依頼は今すぐ!

無料相談予約はこちら 0120-631-276 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら