交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

7人の弁護士がこの記事に回答しています

淫行条例について弁護士が解説|初犯でも起訴?罰則は?無罪の判例は?

イメージ画像

淫行についてこのようなお悩み、疑問をお持ちの方はいませんか?

  • 淫行について相談にのってくれる弁護士っていないの
  • 淫行って条例違反なの
  • 淫行で起訴される可能性は

ご覧のページでは、

  • 淫行についてとり扱う法律事務所の相談サービス
  • 淫行条例に違反したときの刑罰
  • 淫行についてよく寄せられる疑問

を弁護士が徹底解説していきます。


1

淫行について弁護士に相談したいなら|24時間対応の相談サービス

淫行について相談先を探している方の中には、

  • きちんと話を聞いてもらえないかもしれない
  • きちんと弁護活動してもらえないかもしれない

と思い、二の足を踏んでしまう方も多いです。

アトム法律事務所は設立以来、刑事事件を専門にとり扱う法律事務所として活動してきました。

淫行の事案もとり扱っており、実績を積み重ねてきています。

アトム法律事務所の相談サービスについて、ここでご紹介しましょう。

Q1

24時間対応の相談予約受付電話窓口って?

アトム法律事務所では、相談の予約を受け付ける電話窓口を24時間365日運営しています。

  • スマートフォンで記事をご覧の方は、画面下方の『弁護士無料相談のご案内』タブから
  • PCから記事をご覧の方は画面右上に記載されている電話番号から

それぞれコールすることができます。

相談後、可及的速やかに弁護活動開始

予約受付後、お近くの事務所にご来所いただき、完全個室の相談室にて弁護士と相談していただけます。

相談後、ご依頼いただいた場合には、すぐさま弁護活動を開始します。

相談料が無料になるサービスも

アトム法律事務所では、

  • 逮捕、勾留中の事件
  • 警察から取り調べを受けた事件
  • 警察から呼び出しを受けた事件

については、初回30分の相談料が無料となります。

もちろん無料相談の利用後、実際に依頼するかどうかは自由に判断していただけます。

セカンドオピニオンとしての利用も歓迎しています。

Q2

24時間対応の無料LINE相談って?

アトム法律事務所は、「LINE無料相談サービス」も運営しています。

混雑の具合などによりすぐ返答ができない場合もありますが、基本的には24時間365日、いつでも相談を受け付けています。

匿名による相談も可能で、気軽に法的なアドバイスを受けることができます。

無料とは言っても、質問、相談にはきちんと弁護士がお答えしています。

  • スマートフォンでご覧の方は、画面下方の『LINE無料相談』タブから
  • PCから記事をご覧の方は記事の下にある『LINEで無料相談』のボタンから

気軽にアクセスしてみてください。

Q3

弁護士費用について知りたい!

アトム弁護士法人グループの弁護士費用体系は、すべての事務所、支部で共通しています

どの支部でご相談、ご依頼いただいても料金は変わりません。

くわしい費用の体系はこちらのページでご紹介しています。

料金の詳細を包み隠さず公開しています。

実際に依頼したとき、費用としていくらくらいかかりそうか、相場がお分かりになることと思います。

2

淫行は条例違反?淫行の罰則などを弁護士が解説

18歳未満の青少年と淫行したとき、

青少年健全育成条例

によって罪に問われる可能性があります。

Q1

淫行の罰則は?青少年健全育成条例違反ってなに?

青少年健全育成条例は、自治体がそれぞれ独自に定めている条例で、

青少年の健全な育成とそのための環境整備

を目的に制定されています。

自治体ごとに微妙に差異はありますが、多くは、

18歳未満の青少年との淫行

を禁じており、刑法などと同じように罰則規定もあります。

東京の青少年健全育成条例

ここでは一例として東京都の条例を参照見てみましょう。

(略)

第十八条の六 何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない。

(略)

第二十四条の三 第十八条の六の規定に違反した者は、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

(略)

引用元:東京都青少年の健全な育成に関する条例

東京都の条例では、違反した場合

2年以下の懲役または100万円以下の罰金

を科される可能性があります。

地域によって、

  • 6か月以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 2年以下の懲役または50万円以下の罰金

などといった規定となっているところもあります。

Q2

淫行条例の判例が知りたい!年齢を知らなった場合もアウト?

淫行条例における淫行とは判例上、以下のように示されています。

青少年を誘惑する、騙す、脅すなど、その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為

または、

青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱っているとしか認められないような性交又は性交類似行為

警視庁のホームページでは、

婚約中の青少年又はこれに準ずる真摯な交際関係にある場合は除かれます。

と明記されています。

逆に言えば、

  • 婚約していない
  • 婚約に準ずる真摯な交際ではない

と判断された場合、条例に違反したと解釈される余地があるわけです。

淫行条例で無罪になった判例

婚約をしていない状態での真剣交際を理由とする無罪判決は多くありません。

ニュースサイトでもとり上げられ、比較的有名となった無罪判決としては以下のようなものがあります。

(略)

判決によると、男性は副店長を務めていた飲食店で、アルバイトをしていた女子高生(当時17歳)と知り合い、06年4月ごろからデートを重ねるなど交際。同6月以降には、名古屋市内のホテルで計7回にわたり少女とホテルで性的行為をした。男性は当時、妻と子1人と3人で暮らしており、女子高生とは「不倫関係」にあった。

(略)

山本正名裁判長は判決文のなかで、「不倫」「結婚を前提にしない」というだけでは刑事罰との対象とはならず、「加害者と青少年との関係性、行為の手段方法、状況等の外形的なものを捉え、青少年の保護育成上危険があるか、加害者に法的秩序からみて実質的に不当性、違法性があるか等、これらを時代に応じて『社会通念』を基準にして判断すべき」と述べた

(略)

引用元:livedoor NEWS 2007/5/24 20:17『女子高生とのセックス 「愛」あれば不倫でも「無罪」』

この裁判の判決文では、

  • 一定期間に映画を見に行くなどのデートを重ねたこと
  • 女子高生も男性に対して好意を抱いており、合意や心的交流があったうえでの性的交渉だったこと

を理由に、「淫行」というには疑問が残るとして無罪判決がくだされました。

ただこれは簡易裁判所の判決です。

この判決だけを鵜呑みにし、

  • デートを重ねた上での性交は罪にならない
  • 相手が好意を持っているなら罪にならない

などと判じるのは早計に過ぎます。

実務上の運用

実務上、

婚約に準ずる真摯な交際であった

ことを示すのは困難を極めます。

判断基準の一例
  • 年齢差
  • 青少年が婚姻年齢に達しているか
  • 虚言がないか
  • 性行為の頻度、初対面から性行為までの期間
  • 保護者の承諾や親族への紹介があるか

こういった要素につき、被疑者に有利な証拠を集める必要があります。

当事者がただ「真剣な交際だ」と供述するだけでは足りないのです。

実務上、婚約をしていない状況では罪に問われる可能性について否定はできません。

年齢を知らなくてもほぼアウト

青少年健全育成条例は、多くの自治体で

過失犯

に対しても罪を科すことができる運用となっています。

つまり…

年齢を知らなかった場合でも罪に問われる可能性はある!

2018年11月現在、東京の条例では故意犯のみを罰する=年齢を知らなかった場合罪には問われない運用となっています。

ただ、神奈川大阪愛知福岡などでは年齢を知らなかった場合でも処罰すると法文に明記されています。

淫行を処罰する条例のまとめ
条例 青少年健全育成条例
行為 18歳未満の青少年と淫行
罰則 東京都の条例では
2年以下の懲役または100万円以下の罰金
罪にならない場合 真剣交際であった場合罪には問われない*2
過失犯 年齢を知らなかった場合でも多くの自治体で罪となる

*1自治体により内容に差異がある
*2実務上、真剣な交際であったと認められる事例は稀

Q3

淫行条例違反で逮捕される?警察の証拠集めの方法って?

淫行条例における捜査のパターンとしては、

ある日突然警察が自宅に押しかけてきて、パソコンやスマホなどを押収する

といったケースが多いです。

その後警察はスマホの通話、通信履歴などから淫行の証拠を収集します。

逮捕の有無

逮捕されてしまうかどうかは、以下の

逮捕の要件

に当てはまっているかどうかにかかってきます。

逮捕の要件

実務上は、

  • 被害児童が複数人いる
  • 被害児童の年齢が幼い

など、犯行が悪質で複雑な場合には逮捕される可能性も高いようです。

在宅事件の場合

逃亡のおそれや証拠隠滅のおそれが認められなかった場合には、

在宅事件

となります。

日常生活を送りながらときおり警察署に呼び出しを受けて、その都度取調べを受けることになります。

犯行態様が比較的悪質でなく、捜査に協力的であるなら逮捕されるケースは稀でしょう

児童買春の捜査の基本的な流れ
在宅事件 逮捕された事件
警察が事件を認知
警察が被疑者自宅を捜査
スマホやPC等押収
警察から時折呼び出される
日帰りで取調べを受ける
後日、もしくはそのまま逮捕
警察署に連行、拘束
取調べを受ける

*あくまで基本的な流れであるため、事件態様により例外もある

なお、在宅事件となったときには、警察の呼び出しにはきちんと応じたほうが良いでしょう。

捜査に非協力的であるという事実は、逃亡のおそれや証拠隠滅のおそれを認める論拠になります。

逮捕の予定がなかった事件について、後から逮捕が行われてしまう可能性もあるわけです。

3

淫行の起訴の可能性とは?弁護士が解説

イメージ画像

一般に、淫行条例は起訴される可能性が高い類型の犯罪です

Q1

淫行条例違反は初犯でも起訴される?示談締結で不起訴になる?

淫行について、以下の要素を備えていると起訴される可能性が著しくあがります。

  • 被害児童が複数人いる
  • 被害児童について撮影するなど、児童ポルノの製造まで行っている
  • 被害児童がとくに幼い
  • 前科がある

ただ担当検察官の裁量によっては、これらの要素に該当しない事案でも起訴されることがあります

「被害者が18歳未満の青少年である」という事情に鑑み、検察官は非常に厳しい態度で事件に臨むのです。

示談締結で不起訴の可能性をあげる

どんな態様の事案であれ、起訴の可能性を下げる努力は重要です

犯行事実を認める態様のときには、

起訴猶予による不起訴処分の獲得

をめざします。

執行猶予とは

とくに

青少年とその保護者に謝罪と賠償を尽くしたかどうか

は、検察官の判断に大きな影響をあたえます。

謝罪と賠償の尽くし方

刑事事件において被害者に謝罪と賠償を尽くすときには、一般的に

示談

を締結します。

示談とは、

民事上の賠償責任を当事者同士の話し合いによって果たす手続き

です。

示談とは

ただ示談を締結しただけでは不起訴の可能性を十分に高められないケースもあります。

そういったときには、当該の青少年本人やその両親などから

嘆願書

を入手するのもひとつの手となります。

嘆願書とは
  • 「こういった処分にしてほしい」
  • 「こういった点につき配慮してほしい」

などと請う書面。

とくに嘆願書に、

今後捜査や公判に協力しない、協力したくないという旨

が盛り込まれている場合、不起訴に傾きやすくなります。

淫行の罪を立証するには、当該の青少年やその保護者の証言が重要になります。

被害者側が協力的でないという事実は、検察官の起訴の意思をくじくことに貢献するのです。

淫行における不起訴の可能性
起訴の可能性 そうとう高い
不起訴になる方法 ・被害児童との示談締結
・嘆願書の入手
などにより起訴猶予となる可能性を上げる
4

「淫行」と「児童買春」の違いを弁護士が解説

18歳未満の児童に「金銭など対価を渡し」その見返りとして性行為等におよんだときには、

児童買春・児童ポルノ禁止法

によって処罰されます。

児童買春・児童ポルノ禁止法の罰則は、青少年健全育成条例よりも重いものとなっています。

自身の淫行が児童買春にも当てはまる態様の場合には、こちらもしっかりリサーチしておくべきだといえます。

児童買春についてお悩みの方はコチラの記事をご覧ください


5

刑事事件のお悩みを弁護士に無料相談

イメージ画像
Q1

スピーディーに弁護士に無料相談したいなら

  • 淫行で捕まりそう!逮捕を回避したい!
  • 淫行で不起訴になるにはどうしたらいい?

刑事事件の加害者として捜査、訴追されている方は、なるべく早く弁護士に頼ることが重要です。

早ければ早いほど

  • 逮捕の阻止
  • 示談の締結
  • 不起訴処分の獲得

について可能性が高まります。

刑事事件は時間との勝負です。

なにか少しでもお悩みのことがあるのなら、早急に弁護士事務所に相談するべきと言えるでしょう。

  • 24時間、365日無料ですぐに法律相談ができるLINE相談窓口
  • 24時間、365日無料ですぐに相談の予約ができる電話窓口

などを活用し、ご自身のお悩みを払拭してください。

無料相談のご案内

警察に逮捕・検察から呼び出しでお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります。無料相談予約は今すぐ!

無料相談予約はこちら 0120-476-911 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら

無料相談のご案内

警察に逮捕・検察から呼び出しでお困りの方は弁護士無料相談をご利用ください

相談枠・弁護士数に限りがあります 相談依頼は今すぐ!

無料相談予約はこちら 0120-476-911 (24時間土日祝もつながります)

※話し中の場合は、少し時間をおいておかけなおしください

LINE無料相談はこちら メールフォームはこちら