4人の弁護士がこの記事に回答しています

通常逮捕と現行犯逮捕はどう違う?

  • 通常逮捕の流れはどうなる?
  • 通常逮捕可能性は?
  • 盗撮通常逮捕になるまでの期間は?

このページでは、過去10年の刑事専門弁護士としての経験にもとづいて盗撮通常逮捕に関するノウハウと正しい知識を解説しています。


※掲載情報はすべて2019年の最新版です。

この記事で解説している法律

法律
公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(※東京都の場合)
条文
何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であつて、次に掲げるものをしてはならない。次のいずれかに掲げる場所又は乗物における人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること。 イ 住居、便所、浴場、更衣室その他人が通常衣服の全部又は一部を着けない状態でいるような場所 ロ 公共の場所、公共の乗物、学校、事務所、タクシーその他不特定又は多数の者が利用し、又は出入りする場所又は乗物(イに該当するものを除く。)
刑罰
1年以下の懲役または100万円以下の罰金

1盗撮|通常逮捕の要件・手続書は?

現行犯逮捕と後日逮捕の違い
Q1

通常逮捕と現行犯逮捕はどう違う?

盗撮の逮捕は、現行犯逮捕通常逮捕のケースに分けられます。現行犯逮捕の場合、事件の当日に、逮捕状なしで逮捕されます。通常逮捕の場合、事件の後日になってから、逮捕状にもとづいて逮捕されます。

後日逮捕の流れ
Q2

通常逮捕の刑事訴訟法の条文は?

逮捕には、大きく分けて通常逮捕(後日逮捕)と現行犯逮捕の2つがあります。通常逮捕については、刑事訴訟法199条で、「検察官、検察事務官又は司法警察職員は、被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由があるときは、裁判官のあらかじめ発する逮捕状により、これを逮捕することができる。」と定めています。

2盗撮|通常逮捕その後の流れ

逮捕状の請求・発布のながれ
Q1

軽微犯罪でも通常逮捕の必要性あり?

一定の軽微な犯罪については、被疑者が住所不定あるいは捜査機関の出頭要求に応じない場合しか、通常逮捕の対象となりません。軽微な犯罪とは、刑事訴訟法の条文(199条1項但書)に規定があるとおり、「30万円以下の罰金、拘留又は科料に当たる罪」です。

逮捕の流れ
Q2

通常逮捕後の勾留・釈放までの時間は?

通常逮捕された後は、検察庁と裁判所に連れて行かれ、勾留の必要の有無が審査されます。警察官から勾留が請求され、裁判官により勾留が決定されない限り、留置場から釈放されます。

3盗撮|基礎知識の確認

Q1

盗撮の意味とは?

盗撮は、「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」(※東京都の場合)に定められた犯罪で、「人に恥ずかしい思いをさせたり、人を不安にさせたりする方法で、通常衣服等で覆われている体の部分や、通常人が衣服等をつけないでいる場所を、見たり撮影したりした」場合に成立します。

現行犯逮捕と後日逮捕の違い
Q2

盗撮事件、通常逮捕される?されない?

盗撮は、現行犯逮捕されずに済んでも、証拠によって盗撮の容疑が固まれば、逮捕状が発行され通常逮捕される場合もあります。

4盗撮|早期解決のポイント

示談がポイント1
Q1

示談成立で不起訴、前科なしを狙うには?

盗撮事件は、起訴される前に示談が成立すれば、不起訴になる可能性が高くなります。特に、初犯の盗撮事件の場合は、不起訴の可能性が極めて高くなります。

弁護士相談
Q2

盗撮事件は弁護士に相談!

盗撮の通常逮捕に関するQA集、いかがでしたか?通常逮捕には逮捕状が必要で、盗撮は通常逮捕される可能性があります。逮捕を避けるには、示談がポイントです。