4人の弁護士がこの記事に回答しています

傷害は初犯で懲役になる?



  • 傷害懲役はどれくらい?
  • 懲役刑執行猶予はつく?
  • 初犯でも懲役になる?

こちらでは、過去10年の刑事専門弁護士としての経験にもとづいて傷害懲役に関するノウハウと正しい知識を解説しています。

※掲載情報はすべて2019年の最新版です。

この記事で解説している法律

法律
刑法204条
条文
人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
刑罰
15年以下の懲役または50万円以下の罰金

1傷害|初犯と執行猶予

刑務所の流れ
Q1

傷害は初犯で懲役になる?

傷害の法定刑は15年以下の懲役または50万円以下の罰金です。起訴され有罪になれば、初犯でも懲役刑になる可能性があります。

実刑と執行猶予の違い
Q2

傷害、初犯で執行猶予はつく?

傷害で起訴された場合でも、執行猶予がつく可能性があります。

2傷害|懲役刑とは

刑事事件の流れ
Q1

傷害、懲役はある?

懲役刑とは、刑事施設に拘置され、所定の作業を行わされる刑罰です。懲役には、無期と有期があり、有期懲役は、基本的に1ヶ月以上20年以下の範囲内で、各条文によって期間が定められています。

起訴の流れ
Q2

傷害、懲役の相場は何年?

法律上、傷害の懲役は15年以下と定められています。

3傷害|基礎知識の確認

Q1

傷害の意味とは?

傷害は、刑法204条に定められた犯罪で、「人の身体を傷害した」場合に成立します。

現行犯逮捕と後日逮捕の違い
Q2

傷害事件、逮捕される?逮捕されない?

傷害事件は、犯行現場を目撃されれば、現行犯逮捕される可能性があります。また、傷害事件の容疑が固まれば、逮捕状が発行され後日逮捕される可能性があります。

4傷害|早期解決のポイント

示談がポイント1
Q1

示談成立で不起訴、前科なしを狙うには?

傷害事件は、起訴される前に示談が成立すれば、不起訴になる可能性が高くなります。特に、初犯の傷害事件の場合は、不起訴の可能性が高くなります。

弁護士相談
Q2

傷害事件は弁護士に相談!

傷害の懲役に関するQA集、いかがでしたか?傷害事件をスムーズに解決するには、弁護士への相談がおすすめです。