6人の弁護士がこの記事に回答しています

窃盗で不起訴となる可能性とは?



  • 「窃盗って何?」
  • 「窃盗は不起訴になる?」

こういったお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?刑事専門弁護士が「窃盗」と「不起訴」の基礎知識をお伝えします。「逮捕の流れ」や「示談の流れ」といった刑事事件において相談の多い点もお教えしましょう。

※掲載情報はすべて2019年の最新版です。

この記事で解説している法律

法律
刑法235条
条文
他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
刑罰
10年以下の懲役または50万円以下の罰金

1窃盗において不起訴となる可能性とは?

起訴・不起訴
Q1

窃盗で不起訴となる可能性とは?

窃盗で不起訴がくだされる可能性についてですが、検察官が事件のごとに判断をくだすことですから一概には言えません。

不起訴の流れ
Q2

窃盗における「不起訴」の意味が知りたい!

窃盗において不起訴の意味とは「裁判を開廷する必要性が見出せなかったとして刑事手続き終了となる」といったような処分のことです。

起訴猶予とは
Q3

窃盗の不起訴の種類とは?

窃盗において不起訴処分となる理由としては主に以下の、
・「嫌疑なし
・「嫌疑不十分
・「起訴猶予
の3つが挙げられます。

2窃盗における逮捕された後の刑事手続き

Q1

窃盗ってそもそも何?

窃盗罪は刑法235条に定められています。

逮捕の流れ2
Q2

窃盗における逮捕の後の流れとは?

窃盗についての逮捕後の流れは上記のイラストのようになっています。

刑事事件の流れ(逮捕されなかった場合)
Q3

窃盗において逮捕されなかったときは?

・逮捕にはいたらなかった
・逮捕後、勾留されることなくそのまま釈放された
などといった場合は「在宅事件」として刑事手続きが進みます。

3窃盗で捕まったらとりあえず弁護士に相談!

示談がポイント1
Q1

窃盗で不起訴になるためにやるべきこととは?

窃盗を実際に犯した場合において不起訴の獲得を目指す場合には、被害者とのあいだに示談を締結すると良いでしょう。

起訴・不起訴
Q2

窃盗について弁護士に相談したほうが良い?

窃盗の事案においては弁護士に相談をするべきです。法的なアドバイスをもらうことで事態の好転が期待できます。

示談の流れ
Q3

窃盗での示談の締結の仕方が知りたい!

窃盗についての示談締結の流れは上のイラストのようになっています。