6人の弁護士がこの記事に回答しています

窃盗で起訴されてしまいそう…。窃盗の示談締結の方法とは?



  • 「窃盗って何?」
  • 「窃盗は起訴になり得る?」

上記のようなお悩みをお抱えの方はいませんか?刑事専門弁護士が「窃盗」と「起訴」の基礎知識を伝授します。「逮捕の流れ」や「示談の流れ」など刑事事件で気になるポイントもお教えします。

※掲載情報はすべて2019年の最新版です。

この記事で解説している法律

法律
刑法235条
条文
他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
刑罰
10年以下の懲役または50万円以下の罰金

1窃盗において起訴される可能性は?

起訴の流れ
Q1

窃盗における起訴の意味が知りたい!

窃盗における起訴処分とは「裁判を開廷する必要があると事件担当の検察官が認めて、裁判官に対し裁判開廷の要請をする処分」のことです。

罰金刑・懲役刑
Q2

窃盗で起訴となったら有罪確定?

刑事事件においての起訴後の有罪率は統計の上では99.9パーセントを超えています。

起訴・不起訴
Q3

窃盗で起訴される可能性とは?

窃盗で起訴される可能性については、検察官が事件の事情をそれぞれ鑑みて判断することなので、一概には言えません。

2窃盗における逮捕後の流れ

Q1

窃盗ってそもそもなに?

窃盗罪は刑法235条に定められています。

逮捕の流れ2
Q2

窃盗における逮捕後の流れとは?

窃盗についての逮捕の後の刑事手続きの流れは上記のイラストのようになっています。

刑事事件の流れ(逮捕されなかった場合)
Q3

窃盗で逮捕にいたらないときは?

・逮捕にはいたらなかった
・逮捕された後、勾留されずにそのまま釈放された
などといった場合には「在宅事件」として刑事手続きが進みます。

3窃盗で訴追されたら迷わず弁護士に相談を!

示談がポイント1
Q1

窃盗において不起訴を獲得するためにやるべきこととは?

窃盗を実際に犯した場合において不起訴処分の獲得を目指す場合には、被害者と示談を締結すると良いでしょう。

起訴・不起訴
Q2

窃盗については刑事専門弁護士に相談すべき?

窃盗の事案においては刑事事件に強い弁護士に相談をするべきと言えます。法律の助言をもらうことで事態の好転が期待できます。

示談の流れ
Q3

窃盗での示談締結の方法が知りたい!

窃盗についての示談締結にいたるまでの流れは上記のイラストのようになっています。