交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

6人の弁護士がこの記事に回答しています

窃盗事件で示談をしたい。示談書の書き方って?



窃盗事件においては、示談を目指すと言われますが、定義や意味は案外分からないもの。交渉のやり方や、示談金、示談書作成の注意点など、気になることは多いものです。そんな気になる点を百戦錬磨の弁護士がコメントします。
※掲載情報はすべて2019年の最新版です。

この記事で解説している法律

法律
刑法235条
条文
他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
刑罰
10年以下の懲役または50万円以下の罰金

1窃盗事件と示談の関係

示談書の注意点
Q1

窃盗事件で示談をしたい。示談書の書き方って?

窃盗事件で示談が成立した場合、示談書の書き方がとても重要になってきます。

示談金と慰謝料の違いは?
Q2

窃盗事件の示談で支払うべき示談金ってなに?

窃盗事件における示談では、被害者が受けた損害に対する金銭として、示談金を支払うことが多いです。

示談がポイント
Q3

窃盗事件で重要な示談交渉とは?

窃盗事件で示談が成立すれば、逮捕される可能性が低下したり、不起訴の可能性が高まります。そのためどのように示談交渉を行うかがとても大切になってきます。

2窃盗事件における身体拘束について解説

現行犯逮捕と後日逮捕の違い
Q1

窃盗事件で捕まる場合、どんな逮捕がある?どんなときも逮捕状が必要?

逮捕の形式として、3種類の形式があります。その3形式とは、後日逮捕現行犯逮捕緊急逮捕と法律に定められています。それぞれに特徴があります。

一般面会の流れ
Q2

窃盗事件で逮捕された場合、家族や友人は自由に面会できる?何か制限はある?

逮捕されたケースで、家族や友人が面会をすぐできるとは限りません。

保釈の流れ
Q3

窃盗事件で捕まっている場合、よく聞く保釈によって、釈放されることはある?いつから自由?要件は?

警察や検察から逮捕・勾留されて、自由に家に帰れないとき、保釈の可能性が疑問点になるはずです。

3窃盗事件で検挙されたなら、弁護士に示談について依頼しよう。弁護士ならではの強みとは?

示談の流れ
Q1

示談を成立させたいが、被害者が連絡を拒んでいる。弁護士にお願いすれば交渉できる?

刑事事件の当事者となった場合、示談はとても重要なものです。示談の成功は逮捕や勾留、起訴や裁判における量刑にも関わってくるためです。ですが、そもそも被害者に連絡を取ることを拒まれる場合もあります。そんなとき、弁護士であれば連絡先を教えてもらえる可能性があります。

示談とは
Q2

交渉が上手くいくか不安がある。被害者は冷静に対応してくれる?

相手と示談交渉を開始できたとしても、示談が成立できるかは別問題です。被害者の方は極めて厳しい感情を持っている場合もあり、交渉が難航する事件もあります。

示談のタイミングとメリット
Q3

弁護士に示談をお願いするのはいつが良いタイミング?

刑事事件の示談依頼については、なるべく早く着手してもらうことが最も大切です。