6人の弁護士がこの記事に回答しています

詐欺における逮捕の要件とはなに?



  • 「詐欺って何?」
  • 「詐欺の逮捕の流れとは?」

こういったお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?刑事専門弁護士が「詐欺」と「逮捕の流れ」の基本的な知識をお伝えします。「逮捕回避の方法」や「示談の流れ」といった刑事事件において相談の多い点もお教えしましょう。

※掲載情報はすべて2019年の最新版です。

この記事で解説している法律

法律
刑法246条
条文
人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。(刑法246条1項)
刑罰
10年以下の懲役

1詐欺で逮捕にいたるまでの流れ

逮捕の要件
Q1

詐欺における逮捕の要件とはなに?

詐欺においては、その罪を犯したと十分に推定される場合で
逃亡のおそれ
証拠隠滅するおそれ
のうちひとつでも認められたとき、逮捕が行われてしまいます。

現行犯逮捕と後日逮捕の違い
Q2

詐欺における逮捕の種類とはなに?

詐欺においての逮捕の種類は一般的に
現行犯逮捕
後日逮捕
に分けられます。

逮捕状の請求・発布のながれ
Q3

詐欺に関して逮捕にいたるまでの流れとは?

ひとつには犯行のさなか、もしくは犯行直後に私人や警察官の手により「現行犯逮捕」されてしまうケースがあります。
また、通報や被害届、告訴などといったきっかけにより警察官が事件を認知し後日逮捕が行われるケースもあります。

2詐欺における逮捕後の手続き

Q1

詐欺というのはそもそも何なの?

詐欺罪は刑法246条に法定されています。

逮捕の流れ2
Q2

詐欺の逮捕後の流れとは?

詐欺においての逮捕後の刑事手続きの流れはこのイラストのようになっています。

刑事事件の流れ(逮捕されなかった場合)
Q3

詐欺において逮捕にいたらないときは?

・逮捕の要件は満たさなかった
・逮捕された後、勾留まではされず釈放された
などというような場合には「在宅事件」として手続きが進むことになります。

3詐欺で捜査をうけたら迷わず弁護士に相談!

示談がポイント1
Q1

詐欺において不起訴処分になるためにやるべきこととは?

詐欺をすでに犯している場合、について不起訴処分の獲得を目標とする場合には被害者とのあいだに示談を締結すると良いでしょう。

起訴・不起訴
Q2

詐欺について刑事専門弁護士に相談するほうがいい?

詐欺事案については弁護士に相談をするべきと言えます。法律の助言を受けることで事態の好転が見込めます。

示談の流れ
Q3

詐欺における示談締結の仕方が知りたい!

詐欺についての示談の締結の流れはこのイラストのようになっています。