4人の弁護士がこの記事に回答しています

詐欺の初犯は執行猶予?実刑判決?



  • 詐欺初犯起訴される見込みは?
  • 初犯なら執行猶予がつく?
  • 初犯なら実刑になる可能性は低い?

ご覧のページでは、過去10年の刑事専門弁護士としての経験にもとづいて初犯詐欺に関するノウハウと正しい知識を解説しています。

※掲載情報はすべて2019年の最新版です。

この記事で解説している法律

法律
刑法246条
条文
人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。(刑法246条1項)
刑罰
10年以下の懲役

1詐欺|初犯の刑罰

実刑と執行猶予の違い
Q1

詐欺の初犯は執行猶予?実刑判決?

詐欺で起訴された場合でも、執行猶予がつく可能性があります。

刑事裁判の流れ
Q2

詐欺の初犯は罰金刑?懲役刑?

詐欺の法定刑は10年以下の懲役です。罰金刑がありませんので、起訴され有罪になれば、初犯でも必ず懲役刑になります。

2詐欺|初犯の起訴

起訴の流れ
Q1

詐欺の初犯で起訴される?

詐欺は初犯であっても、起訴される可能性があります。検察が、事件を起訴できない、あるいは起訴する必要性が低い、と判断しない限りは、初犯であっても起訴されます。

刑務所の流れ
Q2

詐欺の初犯の懲役は何年?

詐欺の懲役刑は10年以下と定められています。初犯の場合も、通常この範囲内で刑期が言い渡されます。

3詐欺|基礎知識の確認

Q1

詐欺の意味とは?

詐欺は、刑法246条に定められた犯罪で、「人を欺いて財物を交付させた」場合に成立します。

現行犯逮捕と後日逮捕の違い
Q2

詐欺事件、逮捕される?逮捕されない?

詐欺事件は、犯行現場を目撃されれば、現行犯逮捕される可能性があります。また、詐欺事件の容疑が固まれば、逮捕状が発行され後日逮捕される可能性があります。

4詐欺|早期解決のポイント

示談がポイント1
Q1

示談成立で不起訴、前科なしを狙うには?

詐欺事件は、捜査が開始される前に示談が成立すれば、刑事事件にならずに済む可能性が高いです。特に、知り合い間の詐欺事件の場合は、その傾向が顕著です。

弁護士相談
Q2

詐欺事件は弁護士に相談!

詐欺の初犯に関するQA集、いかがでしたか?詐欺事件をスムーズに解決するには、弁護士への相談がおすすめです。