6人の弁護士がこの記事に回答しています

万引きの示談書の雛形とは?



  • 「万引きとは?」
  • 「万引きは示談可能?」

上記のようなお悩みをお抱えの方はいませんか?刑事専門弁護士が「万引き」と「示談」の基本的な知識をお伝えします。「逮捕の流れ」や「起訴回避の方法」といった刑事事件において相談の多い点もお教えしましょう。

※掲載情報はすべて2019年の最新版です。

この記事で解説している法律

法律
刑法235条
条文
他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
刑罰
10年以下の懲役または50万円以下の罰金

1万引きでの示談締結によるメリット|示談金についての事例も紹介

示談書の書き方は?
Q1

万引きの示談書の雛形とは?

万引きの示談書について見本をお探しの方はコチラをご覧になってください。

示談がポイント1
Q2

万引きにおける示談のメリットとは?

万引きにおいては示談締結することにより
逮捕の回避
不起訴処分の獲得
等々さまざまな効果を期待できます。

示談金相場はいくら?
Q3

万引きの示談金相場が知りたい!

示談金のお金の額はその事件ごと、犯罪の被疑者と被害者の方双方の交渉の末に決定されます。
一概にいくらと言うことはできないので今回はアトム法律事務所がとり扱った過去の実例を参照していただきます。

2万引きにおいての逮捕後の流れ

Q1

万引きというのはそもそも何?

万引きは窃盗罪(刑法235条)にあたります。

逮捕の流れ2
Q2

万引きの逮捕後の手続きとは?

万引きについての逮捕されてしまった後の刑事手続きの流れは上のイラストのようになっています。

刑事事件の流れ(逮捕されなかった場合)
Q3

万引きで逮捕されなかった場合はどうなる?

・逮捕されなかった
・逮捕された後、勾留されずにそのまま釈放された
などというような場合には「在宅事件」として刑事手続きが進むことになります。

3万引きで検挙されたら迷わず弁護士に相談!

示談がポイント1
Q1

万引きにおいて不起訴処分になる方法とは?

万引きを実際に犯している場合、について不起訴処分の獲得を目指す場合には、事件の被害者とのあいだに示談を締結すると良いでしょう。

起訴・不起訴
Q2

万引きは弁護士へ相談するほうが良い?

万引き事案については刑事専門弁護士に相談をするべきと言えるでしょう。法的なアドバイスを受けることで事態の好転が期待できます。

示談の流れ
Q3

万引きの示談締結の方法が知りたい!

万引きにおける示談締結の流れは上記のイラストのようになっています。